彩子は、菜々が産休中に食品メーカーをやめてカフェでアルバイトを始め、西とも同居生活を始めていた。食事が同居してから大きく変わったこと。今では――。

【これまでのお話】
プロローグ 新連載・小説「ミドルノート」同期の男女の生き方描く
第1話 新居に同期が集まった夜
第2話 同期会解散後、夫の口から出た思わぬ一言
第3話 妻を無視する夫 「ほんと鈍感だろ、こいつ」
第4話 「妊婦が人を招くなんてドン引き」夫の言葉に妻は
第5話 言っちゃ悪いが無味乾燥で、寒々しい新居だった
第6話 充満するたばこの煙が、昔の記憶を呼び覚ました
第7話 正直言って、事故みたいに始まった恋愛だった
第8話 わたしは誰よりも愛美に認めてもらいたかったんだ
第9話 その後ろ姿を見ていたら、急に切なくなった
第10話 がんは知らないうちに母の体の中で育っていた
第11話 なにが「同期初の女性部長」だよ!
第12話 「女性ということで」とは一体どういう意味か
第13話 わたしはわたしで、仕事をし、家族を守る
第14話 仕事が長続きしないのは、いつも人間関係にあった
第15話 自分がちっぽけで価値のない存在のような気がした
第16話 不思議と、西には自分のことを話したいと思った
第17話 気づくと、実家に彩子の居場所はなくなっていた
第18話 育休明け直前、世界は混沌とした状態に陥った
第19話 夫は子の意味不明な行動が我慢できないようだった
第20話 かつては泣きわめく子がいると、運が悪いと感じていた
第21話 笑えなかったのは、夫婦関係がうまくいっていないから
第22話 黙ると夫の機嫌が直る、そのパターンに慣れていた
第23話 離婚という選択肢が、くっきりと目の前に現れた
第24話 香水を付けるようになったのは、アルバイトを始めてから←今回はココ

■今回の主な登場人物■
岡崎彩子…派遣社員として食品メーカーに勤めていたが、菜々の産休中に転職した
西…菜々の会社の同期で、彩子と同居中

この仕事を、彩子は気に入っている

 開店(オープニング)はいつも3人で回している。店長と30代の既婚女性と、それから彩子。

 30代女性と彩子がテラス席を準備している間に、店長がコーヒーマシンを稼働させつつ清掃する。清掃といっても、閉店(クロージング)の担当が毎晩きっちりやってくれているから、それほど大変な仕事ではなさそうだ。一方、テラス席を準備するのはちょっとした力仕事なので、同僚の30代女性は今日も、「店長って、ぜったいテラス席やらないよね」と陰口をたたいている。彩子は「ですよねー」と応じるが、テラス席用のテーブルや椅子を運ぶのは、朝の体操のようで、それほど嫌いではない。規則正しい、健康な生活。今の自分にとって、とても大切なことだ。

 アルバイトを探すとき、これまでずっとやってきた事務職がいいのではないかと西は言ってくれた。だが、コロナ禍で、そんな仕事は見当たらなかった。

 結局、アルバイト関連のクチコミで、評価が低くなかったこのカフェで働くことを決めた。感染対策に気を配っているこのカフェは、テラス席があるためか、テレワークの進んだ世の中で来客が増え、求人を出していた。有名なチェーン店なので、研修にはしっかりとしたマニュアルがあり、他のアルバイトの人たちの感じも良い。この仕事を、彩子は気に入っている。

 今日は開店から12時ぴったりまで働いた。

「お先に失礼しまーす」

 忙しく働いている同僚たちの手を止めないように、小さな声であいさつをした。事務室に行き、エプロンを外す。黒か白のシャツ、地味な色のパンツ、デニムやスカートはNGというくらいで、決まった制服はない。店名の入ったエプロンを付ければよい。足元は履き慣れた靴。この、理にかなった緩さも、気に入っていた。

次ページから読める内容

  • 彩子が愛用している調理動画アプリは「コトコト」
  • いつしか彩子は、共同生活の料理担当となっていた
  • 彩子は急に、香水を付けたくなった

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る