秋の行楽シーズン。少し涼しくなってきたこの時期に、家族でキャンプに行って、自然のなかで家族でたき火を眺めながらいろんな話をしてみたいと思うパパは多いのではないでしょうか? とはいえ、いざ、キャンプをやろうにも、テントを設営するような本格的なキャンプは未経験。いったい何からそろえればいいのやら、悩んでしまいがちだ。

 そこで、「OUTDOOR For Everyone!」をテーマに、“ソトで遊び、ソトで食べて、ソトで育てる”「ソトイク」を提案するサイト「PAPA Presents」(パパプレゼンツ)代表で、アウトドアマスターでもある板谷俊明さんに、パパ主導のファミリーキャンプの極意について取材しました。板谷さんが運営するプライベートキャンプ場「富里キャンプ基地」(千葉県富里市)にパパライターが、娘と妻の3人家族でキャンピングカーに乗って突撃! 2人の娘のパパでもあるキャンプの達人・板谷さんのファシリテーションを受けつつ、ファミリーキャンプの楽しさを体感してきました! 今回はオススメのテント&テントのスマートな張り方について紹介します。

【パパ主導で秋冬キャンプに行こう!特集】
第1回(上) パパ主導でキャンプに行くと、家族が仲良しに
第1回(下) 友達家族キャンプで活躍できるパパ、いらないパパ
第2回 ファミリーキャンプで最初に揃えるべき厳選ギア
第3回 キャンピングカーを借り買い出し いざキャンプへ
第4回 パパ必見!テントの選び方&スマートな設営方法 ←今回はココ
第5回 パパのアウトドア料理は、豪快かつシンプルに!
第6回 秋冬のキャンプに欠かせない、たき火を楽しもう

ファミリーキャンプにオススメのテントとは!?

 テントと言っても、いろんなタイプがある。いったい、ファミリーキャンプにピッタリなテントはどんなタイプのテントなのか、まずは、富里キャンプ基地のコンテナハウス内のキャンプギアが所狭しと並ぶ倉庫を見せてもらった。

板谷さんが、色々試しながら集めたテントをはじめとしたキャンプギア。総額1000万円を超えるギアを試しながら、厳選してアウトドア初心者にオススメしている
板谷さんが、色々試しながら集めたテントをはじめとしたキャンプギア。総額1000万円を超えるギアを試しながら、厳選してアウトドア初心者にオススメしている

 ファミリーキャンプでオススメのテントは、いったいどういうものなのだろうか?

 「これだけは強調しておきますが、テントを買うなら、最初からいいモノを買ってください。なぜなら、アウトドアは危険がいっぱいですし、家族を守るためにとても重要なモノだからです。納得できるいいテントを買うためには、いろんなテントを試してみる必要があります。だからこそ、テントは最後に買うもの。試してみて、もう、家族でキャンプにハマっちゃったなと思った段階で、コレだと思えるテントを見つけて、機能性も居住性も十分な、いいテントを買っていただきたいと思います」と板谷さんは言う。

 ありがちなのは、夏休み前くらいにフラっと寄ったホームセンターなどで安売りされているテントを、よく調べずに勢いで買ってしまうことだ。

 「よく分からないまま、勢いでテントを買ってしまうのはオススメできません。安売りされているといっても、一式そろえるとなると、4~5万円はしますし、それにタープなどもそろえるとなると、7万円近くになります。しかも、手入れの方法もまだ分からないままだと、結局、翌シーズンに使おうと思っても、カビてしまって使えない。結局、そのままキャンプを楽しむのをやめてしまったという人も多いですから。そうならないよう、まずはテント以外の最低限必要なキャンプギアを徐々にそろえていって楽しむ。テントはレンタルして自分たちの理想のテントを見つけ、最後の最後に納得できるいいテントを買うというのが理想でしょう」(板谷さん)

 では、板谷さんがオススメする、ファミリーキャンプ向けのテントは、どういうテントなのだろうか?

<次ページからの内容>
・ドーム型テントをキャンプ初心者が一人で設営するのは難しい
・板谷さんイチオシのワンポールテントとは!?
・ワンポールテントを設営方法を、動画と写真で紹介!
・テントの中はどうなっている?

次ページから読める内容

  • ドーム型テントをキャンプ初心者が一人で設営するのは難しい
  • 板谷さんイチオシのワンポールテントとは!?
  • いよいよ、ワンポールテントを設営!写真と動画で紹介
  • 想像以上に開放感のあるワンポールテントに感動!

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る