未就学児の場合、子どもの髪を親が切るという家庭も少なくありません。しかし、「どこから前髪でどこから横髪か判断が付かない」など、自宅カットは分からないことだらけ。思ったような仕上がりにならないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。こども専門美容室チョッキンズのまいお姉さんこと鈴木舞子さんに、ママ・パパでも失敗しにくい、自宅でのボブスタイルのヘアカット方法を教えてもらいました。

【年齢別特集 保育園のママ・パパ向け】
(1) 達人ママ伝授 忙しくても可能な賢いママ友付き合い
(2) ママ友と育児をシェア? 発想の転換でワンオペ解消
(3) 子どものヘアカット 安全&あやしテクを美容師が伝授
(4) 女の子の涼しげボブ 自宅カットのコツ【動画付き】 ←今回はココ
(5) 気になる4~6歳の筋力や体幹 この動きできる?
(6) お受験しない人も知りたい 受験体操で伸びる力とは

女の子のヘアカット 失敗しない4つのポイントは?

 暑い夏、汗で子どもの髪がおでこや首にべったり貼り付いているのを見ると、「そろそろ髪を切ったほうがいいかな……」という気持ちになりますね。未就学児のうちは、親がカットしているという家庭も多いでしょう。

 こども専門美容室チョッキンズ・レイクタウン店の鈴木舞子さんは、「女の子の髪は長さがある分、全体のバランスを整えるのが男の子以上に難しい」と話します。今回は、夏にぴったりの、涼しげな肩ラインのボブカットを教えてもらいました。美容院でカットしたような仕上がりを実現するためには、

【ステップ1】前髪・横髪・後ろ髪の分け目を決める
【ステップ2】前髪→後ろ髪→横髪の順にカットする
【ステップ3】全体の長さをそろえてから、毛先を軽くする
【ステップ4】横髪を少し前上がりに仕上げる

という4つのステップを踏むことがポイントだそう。これにより、全体的にふんわり軽い仕上がりになるといいます(下画像参照)。

● 4つのステップを踏むと、ふんわり軽い仕上がりに

バラバラだった毛先(画面左)がそろって、ふんわり丸いシルエットのボブスタイル(右)に
バラバラだった毛先(画面左)がそろって、ふんわり丸いシルエットのボブスタイル(右)に
動画は無声です
動画は無声です

 次のページから、まいお姉さんにボブスタイルのヘアカットテクを順を追って解説してもらいます。分かりやすい写真と動画付きです。早速、実践してみてください。

次ページから読める内容

  • すきバサミとヘアピン・ヘアゴムを準備
  • 頭頂部に「ハの字」を作って前髪と横髪を分ける
  • 前髪を1つに束ねて直線にカット→ゆるいアーチ型に!
  • 全体の長さを均一にするテクニック
  • 集中力が続かない、動き回るなどのお悩みには?

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る