8月上旬は例年なら夏休み真っ盛り。新型コロナウイルスの影響が続く今年は、それとは全く違う状況になっています。子どもたちの抱えるストレスについて、日本スクールソーシャルワーク協会会長で、長年にわたり子どもたちを支援し、大人の関わり方への提言も続けている入海(いるみ)英里子さんに話を聞きました。

【年齢別特集 小学校高学年のママ・パパ向け】
(1) いつもと違う夏休み 3つの「大」で心を安定させて ←今回はココ
(2) 「第三の空間」体験少ないと自我の危機に 家で補うこと
(3) 成長期の高学年 必要な栄養取るために知りたいこと

「空気が読める子」ほどストレスを抱えている

 文部科学省の調査によると、新型コロナウイルスの影響で休校した自治体のうち95%が夏休みを短縮しています。小学校では、夏休みを16日間にする学校が最多で、次が23日間となっています。最も短い日数は9日間です(「新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた公立学校における学習指導等に関する状況について」より)。大幅に短縮されて迎える夏休み、子どもたちはどのような気持ちで過ごしているのでしょうか。


 入海さんは今の子どもたちは静かにストレスに侵食されている状態だと話します。「今すぐ爆発するケースは少ないと思いますが、2学期、3学期、あるいはもっと先に影響が出る恐れがあります。それよりも、今、大声を出したり暴れたりするほうが、ストレスを発散できる分、子どもの心の健康には負担が小さいでしょう。でも、いい子、言い換えると『空気が読める子』はそれができず、自分の中にストレスをため込んでしまっているのではないかと思います

 それはなぜなのでしょうか。

次ページから読める内容

  • 子どもは親思い。親にストレスがあると子どもはため込んでしまう
  • 小さな非日常や好きなことでストレス発散を
  • 親は今の暮らしのプラス面を見てみよう
  • 親が朗らかに暮らせば、家は子どもの安全地帯になる
  • 存在を肯定する言葉かけが心を安定させる

続きは、日経DUAL有料会員の方がご覧いただけます

有料会員限定記事(2078本)が読める
ログインはこちら
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。
もっと見る