日経電子版読者に「日経xwoman」割引料金を開始

  1. 日経xwomanトップ
  2. DUAL
  3. 子育て・教育
  4. 年齢別特集/保育園
  5. 子のお菓子食べ過ぎ問題、無理のない3ステップで解決へ

子のお菓子食べ過ぎ問題、無理のない3ステップで解決へ

夕食前に食べたがる、途中で取り上げると泣いてしまう……親はどうすれば?


お菓子ばかり食べて、ご飯をしっかり食べてくれない。お菓子を取り上げると泣いてしまう…。こうした子どもの「お菓子問題」に悩んでいる親は少なくないでしょう。食育に力を入れるさくらしんまち保育園(東京都世田谷区)の施設長・小嶋泰輔さんに、親の対処法を聞きました。

【年齢別記事 保育園のママ・パパ向け】
(1) 未就学児の食事マナーは、叱るよりも褒めて伝える
(2) 食が細い、好き嫌い…「適量食べ切る」経験で自信育もう
(3) 子のお菓子食べ過ぎ問題、無理のない3ステップで解決へ ←今回はココ
(4) 注意したい子どもの3つのせき 特徴と受診目安は?

 子どもは保育園から帰宅し、少し疲れて小腹がすいた時間などにお菓子を食べたがることも。「夕飯が食べられなくなるから本当はお菓子を与えたくないけど、泣くから仕方なくあげてしまっている」という共働き親は少なくないでしょう。

 食育に力を入れ、「園児が給食を残さない保育園」と言われるさくらしんまち保育園の施設長の小嶋泰輔さんは、「子どもがお菓子をまったく食べないようにするのは難しい。それほど、子どもにとって、お菓子は魅力的なものです」と言います。

 「ただ、ちょっとした工夫で子どもが食べるお菓子の量は減らすことができますし、与える時間も調整できます。うまくいけば、お菓子は親子のコミュニケーションの潤滑油になります。子どもが適切な量のお菓子を適切な時間に食べるようにシフトしていければいいのです

 次ページ以降で、子どもの「お菓子問題」を解決するための具体的な3つのステップを紹介します。

次ページから読める内容

  • 「これで終わり」という限度を知ってもらう
  • 「急がば回れ」段階を踏んで減らしていく
  • 「親子で楽しむ時間」をつくる

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る
DUALとは