「小1の壁」が問題視される中、「これまで通りに仕事を続けたい」という親の気持ちと、子どもの将来につながる「学びの時間」を両立する選択肢として、民間学童保育が注目されています。民間学童保育の傾向と、申し込み時に押さえておきたいポイントなどを紹介します。

【年齢別特集 保育園のママ・パパ向け】
(1) 親子関係を短時間で深くする「手遊び歌」の魅力
(2) 子どもがうとうと満足して眠る「就寝前の手遊び」
(3) 幼児教育・保育無償化スタート 保活への影響は?
(4) あり?なし? 共働き家庭の幼稚園という選択
(5) 学童どうする? 来春の入学準備は秋から本腰を
(6) 教育系?保育系? 今すぐ知りたい民間学童11選 ←今回はココ

学童保育で過ごす時間は、小学校にいる時間よりも長い!

 ちょっと意外かもしれませんが、2016年に全国学童保育連絡協議会が発表した調査(対象:全国1714市町村)によると、子どもが小学校で過ごす時間は、年間約1218時間。これに対し学童保育で過ごす時間は、年間約1633時間に上ることが分かりました。

 学校よりも長い「子どもの放課後」をどのように過ごすかの選択肢として注目されているのが、民間学童保育です。習い事に通わせる場合は送迎の方法なども考えなければいけませんが、民間学童保育であれば、通う小学校へのお迎えサービスがあるところも多く、習い事要素を兼ねたプログラムも豊富です。

 民間学童保育のコンサルティングなどを行うNPO法人sopa.jpの小田るいさんは、こう語ります。

 「ここ5年くらいで、民間学童保育の数はかなり増えています。とりわけ、東京都の港区、江東区、文京区や世田谷区などには、同じエリア内で複数の民間学童保育ができています。まだまだ地域差はありますが、これまで一択だった学童選びに、選択肢が生まれつつあります」

 そんな中、興味を持った親が最初にやるべきこととはどんなことでしょうか? 小田さんは次のように解説します。

次ページから読める内容

  • 民間学童保育選びの「3つのポイント」とは?
  • 「学習重視型」で押さえておきたいポイント
  • 「英語重視型」「スポーツ重視型」とは?
  • 保育系民間学童保育の大手とNPO運営

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。