汗の時期は大人でも肌のベタつきやかゆみが気になりますが、それに加えて子どもの肌はあっという間にあせもが広がってしまいます。たくさん汗をかく子どもたちの皮膚はどのようにケアすればよいのでしょうか? 子どもの皮膚に詳しい、神奈川県立こども医療センター皮膚科医の馬場直子さんにお話を聞きました。

【年齢別特集 保育園のママ・パパ向け】
(1) なぜ保湿が必要? 汗の時期の子どもの肌ケア ←今回はココ
(2) 汗の季節のオムツかぶれや頭のにおい ケアのコツ
(3) 「パパ×娘」の育児 共感する気持ち言葉で伝えて
(4) 「ママ×息子」の育児 スキンシップが気持ち満たす

汗成分や間違ったケアが皮膚トラブルに

 暑い時期になると、子どもたちはあっという間に汗で全身グショグショに。こうした汗シーズンは、あせもやかゆみといった皮膚トラブルが増えるほか、アトピーも悪化しやすくなります。汗でベタつく子どもの皮膚をどのようにケアすればいいのでしょうか。神奈川県立こども医療センター、皮膚科医の馬場直子さんは汗の時期の子どもの皮膚について次のように話します。

 「子どもの皮膚は大人の皮膚に比べて薄く、角質層の保湿成分が少ないため、乾燥状態にあるのが特徴です。皮膚は乾燥状態にあるとバリア機能が低下してしまいます。そういう意味では汗の時期は皮膚が乾燥しにくくなるという点で子どもたちの皮膚にとって一見良さそうな時期ですが、その一方で汗の成分によるトラブルが起きやすかったり、ケアの仕方を間違えると、冬場以上に肌の乾燥を招いてしまったりすることもあるので注意が必要です」

 次ページから具体的にお伝えします。

次ページから読める内容

  • 汗をかくとなぜ皮膚はかゆくなる?
  • かいた汗は落とすのが基本
  • 乾燥は皮膚の大敵
  • 入浴時のガーゼなどでのこすり洗いはNG
  • 服の素材やシルエットも選んで

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る