1. 日経xwomanトップ
  2. DUAL
  3. 子育て・教育
  4. 年齢別特集/保育園
  5. マイペースな子の育児は過干渉・過保護に要注意

マイペースな子の育児は過干渉・過保護に要注意

「早くして!」は無意味?「かきくけこ」の声かけで子どもが変わる


「急がないと遅れちゃう!」と親が急いでいる朝も、子どもはなかなか次の行動に移ってくれないもの。親からすれば、忙しい時間帯は特に動きがスローに見えてしまう子どものマイペースさにイライラ。気が付くと「早くして!」を連発してしまっていることもあるでしょう。マイペースな子を動かす秘訣を一般財団法人日本キッズコーチング協会理事長の竹内エリカさんに聞きました。

【年齢別特集 保育園のママ・パパ向け】
(1) 名前ペン、スタイ…入園・進級前に用意したいグッズ
(2) 就学準備 経験者に聞く必需品・なくてよかったもの
(3) マイペースな子の育児は過干渉・過保護に要注意 ←今回はココ
(4) 挨拶がうまくできない子のハードルを下げるには?

マイペースな子は育てやすい?

 子どもは3、4歳くらいになると、自分でできることがだいぶ増えます。頼もしさ反面、ゆっくりと自分のペースで物事に取り組んだり、お友達と同じペースで行動できず協調性に欠けるような様子を見せたりすることもあり、そんなマイペースさは、親にとっては心配の種かもしれません。

 行動科学をベースにしたコーチング手法を活用し、多くの親子に接してきた、一般財団法人日本キッズコーチング協会理事長の竹内エリカさんは話します。

 「マイペースな子は往々にして、時間の感覚をつかさどる脳の機能が未熟なことがあります。この脳の機能は予測脳と呼ばれ、未塾な場合は時間軸で物事を整理することや考えることが苦手なため、『早くしなさい!』と言われても次にすべきことが見えていないので、何をしていいのか分からず行動に移せないのです。

 しかし、親が『かきくけこ』の声かけを心がけることで、子どもが自分から動くようになります。本来、マイペースな子というのは、とても育てやすい子でもあるのです」

 いったいどういうことでしょうか。次ページから詳しく解説してもらいます。

次ページから読める内容

  • 「今を生きる」から不安も引きずらない
  • 「考えさせる」から「行動させる」まで、「かきくけこ」の声かけ
  • 子どもが判断する機会を奪ってしまう
  • 自立のしつけのタイミングは3、4歳

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る
DUALとは