忙しい時間のなか頑張って準備した離乳食も、子どもが思うように食べてくれないということはありませんか? 好き嫌いなくモリモリ食べてほしいと思うほど、現実とのギャップにイライラしてしまうこともあるのではないでしょうか? 離乳食期の子どもとの食卓での向き合い方について、前回の離乳食期の栄養の話に引き続き、管理栄養士の太田百合子さんにお話を聞きました。

【年齢別特集 妊娠・育休中のママ・パパ向け】
(1) 離乳食 うまく手抜きするために知っておきたいこと
(2) 夏のベビーカー使用 赤ちゃんの熱中症リスク高める
(3) イライラは食卓の敵 不要なものは切り捨てて ←今回はココ
(4) 赤ちゃんの保湿剤、虫よけ、日焼け止め 正しい順番は?
(5) 働く妊婦が知っておくべき早産リスク
(6) 1日でも長くお腹に 切迫早産どう乗り越える?

イライラするくらいならベビーフードのほうが良い

 時間をかけて丁寧に作った離乳食だからといって、子どもは必ずしもパクパクと残さず食べてくれるものではありません。子どもが離乳食を残せば「工夫が足りなかったのかな?」「もっとしっかり食べさせなくてはいけないんじゃないか?」など、頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか。

 「離乳食期は食べ方にムラがあるのは当然のこと。そうした離乳食期の食行動についても理解してほしいのですが、それと同時に伝えたいのは、ただでさえ仕事で疲れている親が、『もっと工夫をしなくては』と完璧な離乳食を目指し、余裕がなくなってしまうくらいなら、ベビーフードをあげたほうがよっぽど良いということです。なぜなら、食卓で一番良くないのは親がイライラすることだからです

 こう言われると、思わずドキッとする人も多いのでは?

 太田さんは「今の親は真面目な人が多く『しなくてはいけない』と多くのことを抱え込みすぎているから、不必要に疲れてイライラしてしまうのです。必要なことと不必要なことを、切り分けて考えられると離乳食もぐっとラクになりますよ」と話します。

 次のページからは、食卓で本当に大切にすべきことと、切り捨てていいことについて、お話を伺います。

次ページから読める内容

  • 非認知能力を育む食卓
  • 離乳食期にしつけは不要
  • 嫌いなものを無理して食べさせる必要はない
  • 食卓が楽しければそれでOK
  • 保育園では食べているから大丈夫

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。