お迎えの時間に間に合うよう、駅から猛ダッシュ。家に帰って簡単な夜ごはんを作って一緒に食べ、お風呂に入り、なんとか21時にベッドに入って寝かしつけをしているうちに、一緒に寝落ち……。こんなバタバタな日々を過ごしているMさんは、4歳女の子のママです。夫は深夜残業が当たり前。今まで一度も保育園へお迎えに行ったことはありません。子どもが熱を出したときも、基本的にMさんが仕事を休み、なんとかやりくりをしてきました。
 仕事が忙しい時期にせめて1時間でも残業できたら…….。Mさんはこれまでも何度か考えたシッターサービスを、この春から意を決して利用することにしました。

第1回 妻と夫の“共働きイライラ解消”アプリ6選
第2回 掃除代行3社を使ってみた 妻の精神的負担が軽減
第3回 シッター2社をトライ 3時間で保育園迎え・見守り ←今回はココ!
第4回 洗濯サービスに丸投げしたら洗って畳んで戻ってきた
第5回 仕事着コーディネートをプロに外注したらときめいた
第6回 教育タブレットをお試し!共働き家庭のお助けツール

自宅の鍵の預かり、子どもに持たせる or サービス会社が預かる

 早速、5つのシッターサービス会社に目星をつけて連絡を取ってみました。留守宅に上がってもらうことになるので、鍵の受け渡しは気になるところです。

 電話で聞いてみたところ、鍵を預かるのは5社中1社だけ。残り4社は、通園バッグなど子どもの荷物に鍵を入れておき、その在りかを事前にシッターへ伝えておくという方法が取られています。

 子どもの荷物に鍵を入れる場合は、無くさないようにチェーンなどでしっかりとくくりつけておきます。チェーンは100円均一などでも購入可能(写真)。子どもが気付かないよう、ポケットやかばんの底などにしまっておくのがポイントです。

 【鍵の預かり方法を各社に聞いてみた】 

 ポピンズ
通園バッグなど子どもの荷物にくくりつけておき、事前に場所を伝えておく。

 ハニークローバー
通園バッグなど子どもの荷物にくくりつけておき、事前に場所を伝えておく。

 マザーネット

※下記のいずれかで事前に相談
・通園バッグなど子どもの荷物にくくりつけておき、事前に場所を伝えておく。
・管理人へ預けて、家に入る際に管理人から受け渡してもらう。
・鍵のかかる郵便ポストに入れ、暗証番号をシッターに伝える。
・宅配ボックスに入れ、暗証番号をシッターに伝える。
・勤務先までシッターに来てもらい、受け渡しをする。
・暗証番号付きの収納ボックスを玄関などにつけておき、暗証番号をシッターに伝える。

 ジャパンベビーシッターサービス
※下記のいずれかで事前に相談
・通園バッグなど子どもの荷物にくくりつけておき、事前に場所を伝えておく。
・保育園などの先生に預けておき、シッターが受け取る。

 ベアーズ
定期利用の場合のみ、鍵の預かりが可能(月額380円、税抜)。シッターサービスを利用する前に、担当マネジャーへの受け渡しが必要。

 今回Mさんは、シッティング中に夕食を作ってくれるマザーネットと、鍵を園バッグにくくりつけて子どもに持たせなくていいベアーズの2社を試してみることにしました。

 お願いする時間は、16時半~19時半の3時間。いつもより早めに保育園のお迎えに行ってもらい、自分はいつもより1時間半遅い19時半に帰宅して、その間、子どもの夕食と入浴の介助をお願いするというもの。初めて利用するのに不安があるうえ、4歳の子を預けるので少しでも子ども自身が安心できるように、2社とも同じシッターさんに2回ずつ来てもらうようにしました。

 それでは、Mさんが2社のシッターサービスを依頼し、実際に利用するまでをリポートします。

<次のページからの内容>
・ サービス会社によってできること、できないことは異なる
・ 面談日、シッターと手をつないで保育園へ
・ 2回の利用で見えた上手に利用するためのポイント
・ 伝えておけばよかったと後悔したこと、改善策
・ シッターサービスは事前に疑問を解決することが重要!

次ページから読める内容

  • ワーキングママを対象とした総合支援サービス「マザーネット」
  • 【申し込み】Web入会フォームから申し込み。電話で疑問解消
  • 【スケジュール調整】毎回同じシッターとは限らない
  • 【面談】シッターと手をつないで保育園へ
  • 【1回目】多めに作ってくれる食事がうれしい!
  • 【2回目】リビングもキッチンも片づけられ、
  • 家事代行サービスの大手「ベアーズ」
  • 【申し込み】Webから申し込み。年中無休のフリーダイヤルも便利
  • 【ファーストヒアリング】担当マネジャーが自宅へ訪問して説明・契約
  • 【スケジュール調整】サービス前日午後にようやくシッターが決定
  • 【1回目】お願いしたことはやってくれていたけれど…
  • 【2回目】お願いしたい内容をメモに残す。子どもも笑顔に
  • シッターサービスの比較検討、事前に疑問を解決することが重要!

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。