食材宅配ランキング特集では、食品の宅配サービスを提供する企業・団体を対象にアンケート調査を実施し、共働きユーザーが実際にサービスを利用する際に気になるであろうポイントを答えてもらった。今回はおいしっくす、コープデリ、生活クラブ生協、大地を守る会、パルシステム、らでぃっしゅぼーや(五十音順)から集まった生の回答をお届けする。
 「利用に必要な費用」「品質へのこだわり」「独自のサービスや品」「共働き家庭が喜ぶサービスや品」「子どもがいる家庭向けのサービスや品」「子ども向けアレルギー商品の取り扱い」「放射能と農薬への対応」という7項目に分け、ランキングの指標だけでは見えてこない各社の特徴をご紹介しよう。
 なお、配点については企業からのアンケート回答と、一部お試しして得た情報に基づき、判断した。

【食材宅配ランキング2016特集】
(1/上編)食材宅配ランキング1~6位!実際に注文してみた
(1/下編)子ども向け、共働きサービス 食材宅配各社の特徴 ←今回はココ
(2)ネットスーパー1~5位で順位づけ 大差ありの結果
(3/上編)「調理済み」が家に届く宅食1~5位発表!試食ルポ
(3/下編)品質、メニュー、添加物 宅食各社サービスを評価
(4)プロによる出張料理サービス3社を体験リポート
(5)アレルギーっ子も安心 専門店による宅配サービス

利用に必要な費用

 入会金、年会費、月会費といった利用に必要な費用は、各社によって開きがある。一時的に支払う必要があっても、退会時には全額返金するというところも。入会金あるいは出資金を設定していないところは、加入~初回注文時にかかる時間が短かくて済んだが、出資金が必要なところは手続きに時間がかかり、利用開始までWEBやメールでのやり取りだと4週間近くかかるケースもあった。

 次ページ以降で、「品質へのこだわり」「独自のサービスや品」「共働き家庭が喜ぶサービスや品」「子どもがいる家庭向けのサービスや品」「子ども向けアレルギー商品の取り扱い」「放射能と農薬への対応」の6項目を紹介する。

次ページから読める内容

  • 品質へのこだわり
  • 独自のこだわりのサービスや品
  • 共働き家庭が喜ぶサービスや品
  • 子どもがいる家庭向けサービスや品
  • 子ども向けのアレルギー商品の取り扱い
  • 放射能と農薬への対応

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る