こんにちは。食育フードジャーナリストの越川里枝です。この連載では、1歳と5歳の保育園児を育てる私が、イタリアンレストランの経営に携わる中で見つけた、イタリアの食文化と子育て世代に役立ついろいろなノウハウをお伝えしていきます。今回のテーマは、気分もあがるイタリアンの朝ごはんレシピ。今回もレシピを動画で紹介していますので、レパートリーに取り入れていただけたらうれしいです。

(日経DUAL特選シリーズ/2019年12月3日収録記事を再掲載します)

 皆さんのご家庭の朝食ではどんなメニューが定番でしょうか。わが家ではパパがイタリアンのシェフであることもあり、朝からイタリアンなメニューが登場することもしばしば。特に1歳の次男はイタリアンが大好きなので、食いつきが良く、登園前にスムーズに食べさせられて助かっています。ちなみに連載第1回「マンマの知恵で共働きの食卓をもっと楽においしく!」でご紹介したラザニアや、インサラータフジッリ、パルミジャーノレッジャーノチーズのリゾットも朝食メニューとしても万能なのでぜひご活用くださいね。マンネリ化しがちな朝食、時にはイタリアンのテイストを少し加えて、気分を変えてみませんか? いつもとは違う食卓の表情に家族みんなでハッピーな朝を迎えられるかもしれませんよ。

4ページ目で紹介するイタリアのオムレツ、フリッタータを食べる5歳の長男。フリッタータは野菜とチーズと卵が一度にとれる万能メニューです
4ページ目で紹介するイタリアのオムレツ、フリッタータを食べる5歳の長男。フリッタータは野菜とチーズと卵が一度にとれる万能メニューです

次ページから読める内容

  • イタリアの食材で作ったグラノーラ。ピスタチオと松の実がポイント
  • パンにのせるだけ!組み合わせも自由自在のクロスティーニ
  • ブロッコリー&アンチョビは最高の組み合わせ! 
  • 余った野菜とチーズが入ったイタリアのオムレツ、フリッタータ

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る