はじめまして。食育フードジャーナリストの越川里枝です。1歳と5歳の保育園児を育てる私も毎日のごはん作りに悩んでいた共働きの一人。この連載では、イタリアの食文化で見つけた、子育て世代に役立つ色々なノウハウをお伝えしていきます。今回は、おすすめの常備食材を使ったお手軽イタリアンレシピです。

作りやすく、子ども受けもいいイタリアンは忙しい親にぴったり

 2014年12月、長男の育児休暇中にイタリアンレストラン「ホスタリアカーサベッラ」をシェフである夫と共にオープンしました。場所は東京オリンピックが開催される新国立競技場の目の前で、お店をやると決めた頃はオリンピックも遠い未来の話でしたが、気が付けばいよいよ2020年も目前に迫ってきました。「本物のイタリア料理で世界中のお客様をもてなしたい」。そんな思いで始め、今年で5年を迎えようとしています。

 2018年夏に次男も生まれ、共働きで目まぐるしい日々ですが、私たち夫婦は何より食べることが大好き。

 育休中、私が毎日お店でまかないを食べ続けたため、母乳もイタリアンテイストだったに違いない次男は、1歳を前に大のイタリア料理好きになっています。そのため家でもイタリア料理を作ることが多くなりました。普段はシェフ任せでしたが、いざ自分で作ってみると、何と作りやすいことか。

 作ったときの満足感、子どもの食いつきの良さ、作り置きのラクチンさ。どれをとっても、イタリア料理はなんて素晴らしいと思えるほど。育児中の家庭にこそイタリア料理がおすすめではないか、マンマの知恵をもっと皆さんに知ってもらったら役立つのではないかと考えています。慌ただしい日常にイタリアのエッセンスを加えて、子どもと一緒の食事時間がもっと楽しくなりますように! それでは連載第1回、本編に入ってまいりましょう。

次ページから読める内容

  • パルミジャーノレッジャーノチーズは調味料としても優秀

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る