出費の多いDUAL世代はライフプランが必須

 こんにちは。FPの佐藤麻衣子です。

 前回、DUAL世代の老後対策では、「支出を減らす・収入を増やす・資産運用」の3つの対策を組み合わせて自分に合った備えをしようとお伝えしました。今回はそのうちの資産運用について、ライフプランに沿った考え方を見ていきます。

 金融商品や資産運用のサービスはとても進化しています。今は商品の情報収集も取引もスマホでできて、資産運用は以前よりも身近なものになりましたよね。

スマホの普及で投資はより身近に。画像はイメージ
スマホの普及で投資はより身近に。画像はイメージ

 低金利の時代なので定期預金ではお金を増やすことは難しく、運用しないともったいないと考える人もいるかもしれません。でも、まだ現役時代にも大きな出費が控えているのであれば、「まずはライフプランを立てて、リスクを許容できる範囲で運用をする」ということも忘れてはいけません。

 息子にも将来、資産運用を上手に活用してほしいですが、お金には目的に応じて「使う時期」があります。だから息子にはこう伝えたい。

 「投資をするなら、必要なお金と余裕資金を分けて考えるんだよ。増やすだけでなくて守ることも大切にね」

次ページから読める内容

  • 基本はライフプランに沿ったお金の色分け
  • いくらまでなら投資できるのか見極める方法
  • 「相場が下落したとき」どうする?

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
「新生・日経xwoman」の準備のため、
新規登録/変更を一時停止しています。
4/2の再開まで今しばらくお待ち下さい。
もっと見る