高学年の4割がスマホを手にしている昨今、親子間ルールを作っても、ネットのトラブルに巻き込まれるのではないか心配ですね。子どもは様々な体験を通して成長していくものですが、昨今のインターネットトラブルの事例を見ると、ことネットに関しては自分で経験しながら覚えてもらうには、リスクが大きいと思う人も多いのではないでしょうか。そこで専門家にトラブルに巻き込まれるときの子どもの心理や知っておきたい対策法についてお聞きしました。

【年齢別特集 小学校高学年のママ・パパ向け】
(1) 思春期の「うるせぇ」を翻訳機にかけてみると?
(2) 週に1度のトークタイムで反抗期の本音を引き出す
(3) 高学年4割以上がスマホ所持 親子間ルールの作り方
(4) ネットの世界 子どもが自画撮り送ってしまう理由 ←今回はココ

子どもの成長に伴い、ママやパパが抱く育児の喜びや悩み、知りたいテーマは少しずつ変化していくものです。「プレDUAL(妊娠~職場復帰)」「保育園」「小学校低学年」「高学年」の4つのカテゴリ別に、今欲しい情報をお届けする日経DUALを、毎日の生活でぜひお役立てください。

リアルとネットの世界を行き来する子どもたち

 「今の子どもたちはリアルの世界(現実)とネットの世界に生きています。リアルの世界で人間関係に気を使い、ストレスを抱えた子どもたちは、ネットの世界に逃げ込みます。そこはリアルの世界とは全く違う世界。そこで子どもたちはリアルとは違う人間関係を作っています。子どもたちはネットの世界でストレスを吐き出し、またリアルに戻ってきます」

 こう話すのは、東京成徳大学大学院心理学研究科教授の田村節子先生です。思春期の子どもたちの抱える問題をスクールカウンセラーの立場から見つめ続けている田村先生は、「子どもたちは親が思う以上に、気軽に個人情報を開示しています。子どもたちの多くは親よりもネットの危険性に慣れていません。親子でスマホに潜む危険をしっかり学ぶべきでしょう」とアドバイスします。

小学生の5%以上が自画撮りの被害に遭っている

 防犯教育などで個人情報は他人に教えてはいけないと言い聞かせているはずなのに、気軽に開示してしまう子どもたち。それはなぜなのでしょうか。

 田村先生はこのように解説します。「友達づくりアプリなどの中で、相手が先に名前や年齢、住んでいるところなどを言うと、多くの子どもは、自分の個人情報を開示してしまうのです。『SNSの中なので他の人が見られる状態だとは思わなかった』という子どもは結構多いです。大人はそのレベルからネットリテラシーを教えり必要があります。個人情報のやり取りをしてはいけないことも教えなければなりません」

 警察庁の「平成29年における子供の性被害の状況」によると、被害の種類別では、自画撮りが最多の約4割を占めています。自画撮り被害とは、脅されたりだまされたりして、18歳未満の子どもが自分の裸などを撮影させられ、SNSやメールで送らせられる被害のことです。自画撮り被害は平成24年以降、5年連続で増加しています。そのうち、約7割がスマホを使用して、SNSなどにアクセスしたことに起因。被害に遭った子どもの約8割が、面識のない相手から要求されて画像を送ってしまっています。この画像は児童ポルノ画像として出回ってしまったり、画像を元に更に脅される可能性があります。

 自画撮り被害に遭った子どもは中学生が最も多くて50.3%。高校生が41.7%で中高生が大半を占めますが、小学生も5.6%います。なぜ、彼らは自画撮り画像を送ってしまうのでしょうか。

イメージカット
イメージカット
<次のページからの内容>
● “好意の返報性”が悪用されている
● 東京都は条例改正で自画撮り要求するだけで犯罪に
● 子どもを守るフィルタリング。確認・設定は販売者の義務に
● 大人が上手に関わって、子どものリテラシーを伸ばそう

次ページから読める内容

  • “好意の返報性”が悪用されている
  • 東京都は条例改正で自画撮り要求するだけで犯罪に
  • 子どもを守るフィルタリング。確認・設定は販売者の義務に
  • 大人が上手に関わって、子どものリテラシーを伸ばそう

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。