1. 日経xwomanトップ
  2. DUAL
  3. 子育て・教育
  4. 年齢別特集/小学校高学年
  5. 塾のオンライン授業 効果的な受け方と環境設定

塾のオンライン授業 効果的な受け方と環境設定

大画面だと印象に残りやすい/配信を受講するときの利点と落とし穴/リビング学習の場は程よく散らかっていていい/本棚の整理通して情報処理の力を育む


新型コロナウイルスの影響による休校中、大手塾の授業は双方向や配信によるオンライン授業に移行しました。その後対面授業が再開されましたが、オンラインでの授業も並行して行われています。塾に行かずにオンラインだけで勉強している子どももいるでしょう。講師を前にした対面と違い、オンライン授業は集中しにくいのではと心配もあります。そこで今回は、自らオンラインで授業を行い、大手塾の事情にも詳しい西村則康さんに、オンライン授業を受けるときのポイントを聞きました。記事後半ではリビング学習の環境設定についても紹介しています。

【年齢別特集 小学校高学年のママ・パパ向け】
(1) 子どものスマホデビュー タイミングと3つの対策
(2) 小学生も被害者に 親子で知りたいスマホトラブル
(3) リビング学習と在宅勤務の共存は子の学びにプラス
(4) 塾のオンライン授業 効果的な受け方と環境設定 ←今回はココ

個別指導や家庭教師では手元も見せる

 コロナ禍で一気にオンライン化が進んだ子どもの学び。パソコンやタブレットを前にリビングで学ぶことも当たり前になってきました。他にはどのようなツールがあるとよいでしょう。西村さんが家庭教師や個別指導などであると便利と話すのは、「書画カメラ」という、ノートやテキストを真上から写すことができるカメラです。家電量販店やネット通販で手に入ります(価格は1万~2万円)。

 「私のオンライン授業はZoomで行うのですが、PCやタブレットで子どもの顔を写し、スマホにつないだ書画カメラで手元を写してもらって2画面で子どもの様子を確認しながら授業を進めます。教える側としては子どもが何を考えているかをとても知りたいからです。それには、表情はもちろん手元も大切。こちらが問いを出したときに、手がすぐ動くか、動かないか、何を書き始めるかで子どもの考えが分かるのです」

 緊急事態宣言発令中は書画カメラも手に入りにくくなったため、電気スタンドにスマホをしっかりと貼り付けて代用した家庭もあったそうです。

 次ページからは、塾のオンライン授業をリビングで受けるときはどのように工夫するとよいか、西村さんに紹介してもらいます。

次ページから読める内容

  • 授業をテレビに映すと見やすく印象に残る
  • 動画配信は途中で止めてもOK 双方向は規模に注意
  • オンライン授業の増加で心配な子どもの肩こり、目の疲れ
  • 「ちゃんと片付けなければ」と思わせるリビングだと自由に探究できない
  • 本棚のカテゴリー分けが子どもの情報処理力を高める

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る
9月セミナーイベント

西村則康
西村則康 プロ家庭教師・名門指導会代表、中学受験情報局主任相談員、塾ソムリエ。40年以上、難関中学・高校受験指導を一筋に行う家庭教師のプロフェッショナル。男女御三家、慶應、早稲田、海城、世田谷学園、渋谷教育学園幕張、灘、洛南高附属、東大寺学園、神戸女学院など東西の難関校に合格させた生徒は2500人以上にのぼる。受験学習を、暗記や単なる作業だけのものにせず、「なぜ」「だからどうなる」という思考の本質に最短で切り込んでいく授業は親からの信頼も厚い。『御三家・灘中合格率日本一の家庭教師が教える 頭のいい子の育て方』(アスコム)、『中学受援は親が9割 最新版』(青春出版社)、『難関校合格のすごい勉強習慣』(日本能率協会マネジメントセンター)など著書多数。

…続きを読む