新型コロナウイルスの影響による休校中、大手塾の授業は双方向や配信によるオンライン授業に移行しました。その後対面授業が再開されましたが、オンラインでの授業も並行して行われています。塾に行かずにオンラインだけで勉強している子どももいるでしょう。講師を前にした対面と違い、オンライン授業は集中しにくいのではと心配もあります。そこで今回は、自らオンラインで授業を行い、大手塾の事情にも詳しい西村則康さんに、オンライン授業を受けるときのポイントを聞きました。記事後半ではリビング学習の環境設定についても紹介しています。

【年齢別特集 小学校高学年のママ・パパ向け】
(1) 子どものスマホデビュー タイミングと3つの対策
(2) 小学生も被害者に 親子で知りたいスマホトラブル
(3) リビング学習と在宅勤務の共存は子の学びにプラス
(4) 塾のオンライン授業 効果的な受け方と環境設定 ←今回はココ

個別指導や家庭教師では手元も見せる

 コロナ禍で一気にオンライン化が進んだ子どもの学び。パソコンやタブレットを前にリビングで学ぶことも当たり前になってきました。他にはどのようなツールがあるとよいでしょう。西村さんが家庭教師や個別指導などであると便利と話すのは、「書画カメラ」という、ノートやテキストを真上から写すことができるカメラです。家電量販店やネット通販で手に入ります(価格は1万~2万円)。

 「私のオンライン授業はZoomで行うのですが、PCやタブレットで子どもの顔を写し、スマホにつないだ書画カメラで手元を写してもらって2画面で子どもの様子を確認しながら授業を進めます。教える側としては子どもが何を考えているかをとても知りたいからです。それには、表情はもちろん手元も大切。こちらが問いを出したときに、手がすぐ動くか、動かないか、何を書き始めるかで子どもの考えが分かるのです」

 緊急事態宣言発令中は書画カメラも手に入りにくくなったため、電気スタンドにスマホをしっかりと貼り付けて代用した家庭もあったそうです。

 次ページからは、塾のオンライン授業をリビングで受けるときはどのように工夫するとよいか、西村さんに紹介してもらいます。

次ページから読める内容

  • 授業をテレビに映すと見やすく印象に残る
  • 動画配信は途中で止めてもOK 双方向は規模に注意
  • オンライン授業の増加で心配な子どもの肩こり、目の疲れ
  • 「ちゃんと片付けなければ」と思わせるリビングだと自由に探究できない
  • 本棚のカテゴリー分けが子どもの情報処理力を高める

続きは、日経DUAL有料会員の方がご覧いただけます

有料会員限定記事(2046本)が読める
ログインはこちら
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。
もっと見る