新型コロナウイルスによる休校期間が終わり、学校が再開しました。企業では在宅勤務を続ける動きもありますが、自分専用の仕事部屋を持てる住環境の人ばかりとも限りません。今後はリビングで親が仕事をしている横で、子どもが放課後に宿題をしたり、塾のオンライン授業を受けたりすることも増えてくるでしょう。高学年の子どもでも、親に話しかけてきたり、親の仕事に興味を持ってきたりします。そこで、子どものリビング学習と親の在宅仕事を共存させる方法について、40年以上難関中学・高校受験指導を⾏い、多くの家庭で勉強を教えてきた家庭教師の西村則康さんに聞きました。

【年齢別特集 小学校高学年のママ・パパ向け】
(1) 子どものスマホデビュー タイミングと3つの対策
(2) 小学生も被害者に 親子で知りたいスマホトラブル
(3) リビング学習と在宅勤務の共存は子の学びにプラス ←今回はココ
(4) 塾のオンライン授業 効果的な受け方と環境設定

 西村さんは休校が始まった3月上旬にオンラインでの家庭教師を開始。オンラインで学ぶ環境の整え方をアドバイスしたり、実際にオンラインで授業をしたり。休校期間中も慌ただしい日々だったと言います。

 「リビング学習」では景色に変化があり、子どもがPCを前に学ぶ横で、親が仕事をすることが普通になりつつあるそう。業務上の情報の管理などに気を付け問題のない範囲なら、親が仕事に取り組む姿を見せることは子どもにプラスの面がある、と西村さんは言います。そこには普段の親子関係が如実に表れるそうです。

 「高学年になると、勉強しているところを親に見られるのを煙たがる子どももいます。その場合、親がリビングで仕事をしていたら、自分の部屋へこもってしまうかもしれません。反対に親がリビングを譲って、仕事ができる場所を探して家の中をうろうろするということもあるでしょう。どちらにしても、親子関係がギクシャクしてしまいます」

 西村さんは、親子が同じ空間で仕事や勉強に取り組むには、ほどよい距離感が大切といいます。では、親がそばで仕事をしていても子どもが落ち着いて学ぶために、親はどんなことを意識すればいいのでしょうか?

次ページから読める内容

  • リビング学習と親の仕事が共存することでいいこと、避けること
  • リビング学習、在宅ワーク 大切なのは距離感
  • 親のイライラは子どもを不安に。機嫌のいい顔を見せよう

続きは、日経DUAL有料会員の方がご覧いただけます

有料会員限定記事(2081本)が読める
ログインはこちら
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。
もっと見る