保育園の年長になると、小学校入学が見えてきます。小学校受験などの予定がなければ、わが子が通う小学校の具体的な情報なども耳に入ってくるころでしょう。中には、「保育園環境は良かったけれど、小学校区には心配要素が多い」というケースもあるようです。子どもがいったん小学校に入学してしまうと、転勤などの外的要因がない限り、引っ越しのハードルは一般的に高くなるもの。住まい購入も想定して入学までに引っ越ししたいという思いが少しでもある人にとっては、この夏が駆け込みチャンスとも言えます。チェックしたいポイント、気になる「学区問題」などについて2回に分けてお伝えします。

【年齢別特集 保育園のママ・パパ向け】
(1) 年長の夏から駆け込み!入学前に考えたい学区問題 ←今回はココ
(2) 駆け込み!中学受験する・しないで学区選びは変化?
(3) 理科力が芽生えるおうち遊び 足すべき意外なものは
(4) 年間270回出前講座する人気先生おすすめ科学あそび

駆け込みで入学前に引っ越しは可能?

 まず、保育園年長の子どもがいるDUAL世帯が小学校入学までに引っ越すために、今から動くことは現実的なのでしょうか。

 「理想を言えば、小学校入学までに転居する場合、落ち着いて入学することを考えると半年前くらいには決めたいです。そのためには、物件選びは5月、6月くらいに動き始めるのがベスト。ただ、もちろん8月からでも可能です」。マンションの資産性情報サイト「住まいサーフィン」を運営する不動産コンサルティング会社のスタイルアクト代表の沖有人さんは言います。

 小学校入学を目標に据えるなら、「住民票を移すのが最終ゴールです」と沖さんは説明します。公立小学校には学区があります。学区は市区町村の教育委員会が定めた、公立小の通学区域のこと(校区、学区域などと呼ぶ地域もある)。公立小学校は原則として、その学区内の子どもが通うことになっています(自治体によっては「学校選択制」という制度を導入しているところもある)。

 「住民票を基に、10月から11月ごろにかけて、小学校から就学時健診の通知が送られてくるケースが多いので、9月ごろまでに引っ越しして住民票を移しておくと、最もスムーズだとは思いますが、それ以降に引っ越したとしても学区内に住んでいれば、その小学校に通う権利はありますので、問題ありません。これから動き始めて、1~3月に引っ越ししたとしても権利は否定されません」

 これから動き出す場合、メリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

次ページから読める内容

  • 今から動き出す場合、メリットやデメリットは?
  • 駆け込みならどんな選択肢になる?
  • 10月の消費増税はどう考えればいい?
  • 学区にこだわって探す場合の基本的な注意事項

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。