「未来を生きるわが子には、できれば小さいうちから理科や科学の面白さに触れてほしい」。そう感じていても、時間がなかったり、苦手意識があったりして、どうしたらいいか分からないという人は少なくないでしょう。前回に続き、年270回も児童館や図書館などで出前講座などをしている坂口美佳子さんに、簡単なのに面白い、人気の「科学に触れる」遊びを年齢別に教えてもらいます。

【年齢別特集 保育園のママ・パパ向け】
(1) 年長の夏から駆け込み!入学前に考えたい学区問題
(2) 駆け込み!中学受験する・しないで学区選びは変化?
(3) 理科力が芽生えるおうち遊び 足すべき意外なものは
(4) 年間270回出前講座する人気先生おすすめ科学あそび ←今回はココ

昔よりも失敗や間違いを怖がる子が多い

 「最近は、昔よりも失敗や間違いを怖がる子が多い印象があります」

 「体験と本を両輪とし、子どもたちに科学の楽しさを伝えたい」と、子ども向けの「科学あそび」と本の紹介をライフワークとして31年間活動を続けている坂口美佳子さん(科学読物研究会運営委員長)は、そう言います。「科学あそびの講座では、最初に結果を子どもたちに予想してもらいます。でも、間違えたくないからなかなか予想しない子は結構いますね

 今や、幼い頃からタブレット端末やスマホの画面に囲まれるデジタル時代になっています。「講座にせっかく参加しても、スマホで答えを検索して子どもに見せてしまう親御さんがたまにいます。早く正確に答えを出すことが科学あそびの目的ではないので、ちょっと残念だなと感じます」

 「デジタル時代になっても、自分で手を動かす体験と、本の価値は変わっていません。科学の本はお子さんのペースで情報を知識としてそしゃくできるのがいいところです」と坂口さん。また、「何とか理科を好きになってほしい、あわよくば学校の成績をアップさせたい、などの親御さんの期待が満載過ぎると、自我が芽生えた後の子どもだと『自分はしたくないけど……』ともなりがち。最終的には楽しんで帰ることがほとんどですけれどもね」

 「こうした子ども向け講座の魅力は、複数の子どもが参加しているところ。他の子どもたちのさまざまな意見に触れることで自分の意見も他人の意見も大切だということを理解し、多様性を感じられます。身近で開かれている機会があれば、ぜひ参加してみるといいと思います」

 一方、家で遊ぶ場合は、どんなメリットがあるでしょうか。

次ページから読める内容

  • わが子が今興味を持っているものは何か探ろう
  • これも立派な科学あそび!1~3歳から楽しめる遊び
  • 飛んだ!回った!聞こえた!4~6歳から楽しめる遊び
  • 100円均一で買えるマグネットがこんな楽しいおもちゃに

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。