子どもが生まれると、自宅で過ごす時間は増えます。巨大な地震がいつ起きてもおかしくない地震大国・日本ですが、赤ちゃんは自力で逃げることができません。赤ちゃんを寝かせられる「安全スペース」はありますか? 1歳と4歳の子どもを育てながら「防災ママ」として活動する永吉美さとさんに2回に分けて、教えてもらいます。今回は、「死なせない部屋」づくりの具体的な方法などについて紹介します。

【年齢別特集 妊娠・育休中のママ・パパ向け】
(1) 赤ちゃんは逃げられない 地震に備えた部屋づくりを
(2) 防災ママが伝授 自宅を「死なせない部屋」にする ←今回はココ
(3) 物を減らしたら育児ストレスが減った 復帰前が肝心
(4) 家事が楽になる片付け達人の工夫 収納は増やさない
(5) 体⼩さい、ハイハイしない、笑わない…成⻑の⼼配事
(6) 言葉が遅い、他の子と遊ばない 集団生活は大丈夫?

「発生直後」「収まってから」「その後」のために

 「死なない部屋」づくりを提唱し、「防災ママ」と名乗って、子育て中のママ向けに防災講座などを行っている永吉美さとさん。本業は製薬会社の研究員で、1歳と4歳の2児のママでもあります。前回の記事では「安全スペース」についての基本的な考え方を教えてもらいました。

 「子どもを守るためには、まず『死なせない』、さらに親自身も『死なない』ことが重要です」。安全スペースは、赤ちゃん自身を寝かせる場所として、また、赤ちゃんの命に直結する、親の体や命を守るためにも必要です。

◆3つの基本ポイント
(1)地震発生直後に生き延びるために→家具やものが倒れたり落ちたり飛んで来ないような安全スペースを各部屋に準備

(2)揺れが収まってから生き延びるために→家の損壊や、火災、津波などで外へ逃げる必要があることを想定して、安全スペースから外へ出る避難ルートを確保

(3)その後、生き延びるために→避難する必要がない場合のために備蓄をしておく

 上記のうち、(1)と(2)が部屋づくりに関連します。では、具体的にどうすればいいのでしょうか。

防災の観点から各部屋を見直してみましょう
防災の観点から各部屋を見直してみましょう

次ページから読める内容

  • 妊娠中から防災ママが実行したこと
  • 子どもが生まれる前に再検討してみる
  • 食器の重ね方でも工夫することは可能
  • 「数秒もたせる」ことが実はとても重要
  • 安全スペースから外への避難ルートを確保
  • 自分の頭で考えて判断できる防災教育を

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る