「赤ちゃんなら夜泣きは当たり前」。そう頭では理解していても、毎日眠れない日々が続くと「いつ終わるのか」「育休明けは大丈夫か」と不安になります。そもそも、なんで赤ちゃんは夜泣きするの? 夜泣きへの対策と、「自分で寝る力」を育てる方法とは? 兵庫県立リハビリテーション中央病院 子どものリハビリテーション・睡眠・発達医療センター長で、日本初の「夜泣き外来」を開設した小児科医の菊池清さんに話を聞きました。

【年齢別特集 妊娠・育休中のママ・パパ向け】
(1) 「良い母親」になるため妊娠中にできる3つの準備
(2) ワーママが抱える「後ろめたさ」の正体とは?
(3) 夜泣き外来医師 子の「自分で寝る力」育てる方法 ←今回はココ
(4) 夜泣き外来医師 夜泣きが続くと脳の働きに影響が

生後すぐの赤ちゃんは眠りの浅い「レム睡眠」が大人の倍以上

こんなことを聞きました
●眠りに誘う「寝る前の儀式」とは?
●生後6カ月を過ぎたら、夜泣きをしないよう誘導するコツがある!
●復職前の夜間断乳、うまくいくコツ
●「上手に眠る子」に育てるために、心がけたいこと

日経DUAL編集部(以下――) 赤ちゃんの睡眠を大切にしながら、夜泣きをしないよう誘導するコツがあると聞きました。そもそも、生後間もない赤ちゃんはどういうメカニズムで寝たり起きたりを繰り返すのでしょうか。

菊池清さん(以下、敬称略) 生後1カ月までの赤ちゃんは1日のほとんどを眠って過ごします。その中で、お母さんの胎内にいたときから刻まれている「超日リズム」(数分から数時間周期の生体リズム)によって、2~3時間ごとに泣いておっぱいを欲しがります。

 次第に赤ちゃんにも体内時計がつくり出され、24時間周期の「概日リズム」ができてくる。概日リズムとは、昼は活動し、夜は眠れるようになる生理現象(自律神経活動やホルモン分泌など)のこと。人は24時間周期で寝て起きて食べて……という活動を繰り返し、これに合わせて細胞や臓器が動くようになっています。生後4~5カ月頃になると、この概日リズムが明確になり、眠り続ける力も強くなっていくのです。

―― 生まれて間もない赤ちゃんには、24時間周期のリズムがまだ備わっていないのですね。

菊池 そうです。そのリズムができるまでは頻繁に寝たり起きたりを繰り返します。また。人間には浅い眠りの「レム睡眠」と、ぐっすり熟睡している状態の「ノンレム睡眠」がありますが、実は、生後0カ月の赤ちゃんは浅い眠りのレム睡眠の割合が最も多いのです。

 大人のレム睡眠の割合は18.9%ですが、1カ月未満の子のレム睡眠の割合は50%と高く、さらに体が未発達で胃袋も小さい。眠りが浅いうえ、すぐに空腹を感じるからすぐに起きてはおっぱいを欲しがるのです

 レム睡眠の割合は0歳の間に大きく変化します。生後3~5カ月では40%に、1歳になると30%程度まで下がる。これに先ほど話した24時間周期の概日リズムも付くようになるから、次第に夜しっかりと眠れるようになるわけです。

0歳児の眠りは月齢によって大きく変化する

―― 0歳児の中でも夜泣きの段階があるのですね。

菊池 体が育つ中で、次第に24時間周期のリズムが赤ちゃんの体に合ってきます。さらにレム睡眠の割合も減り、1回に飲む母乳やミルクの量が増えることで、生後1カ月ごろからは短いながらもまとまって寝る時間が増えてきます。

 首が据わる4カ月以降にもなると、子どもによっては夜7~8時間はまとまって眠るようになり、この頃から夜泣きも減ってきます。生後6カ月ごろ、離乳食が始まりお腹が持つようになると夜泣きはぐっと減る。1歳を過ぎると、日中の活動も増え、レム睡眠の割合が下がることからしっかりと眠れるようになります。

0歳児の眠りの変化
●~生後1カ月:ほとんど1日中寝ている。昼夜問わず、2~3時間おきに泣いて起き、おっぱいを求める
●1~3カ月:数時間だが、少しずつまとまって眠るようになる
●4~5カ月(首が据わる頃): 軽い夜泣きをしつつ、夜7~8時間はまとまって寝る
●6カ月以降(離乳食開始以降):夜泣きも減り、安定して夜まとまって眠るようになる

―― とはいえ、セオリー通りにいかず、6カ月以降も頻繁に起きたり、1歳過ぎても夜泣きをしたりする赤ちゃんも多いですよね。無理のない方法でスムーズに眠れるよう、自分で寝付く力を育てるために、どんな工夫をすればいいでしょうか。

次ページから読める内容

  • おすすめの方法「寝る前の儀式」とは
  • 生後6カ月以降は、夜泣きしても5分は様子を見て
  • 夜中のおっぱいが子どもの夜泣きを長引かせる
  • よく眠る子になるには、昼夜のリズムをつけること
  • テレビやスマートフォンの液晶画面の光が眠りを抑制

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。