新規会員登録でAmazonギフト券2000円が当たるキャンペーン実施中

  1. 日経xwomanトップ
  2. DUAL
  3. 子育て・教育
  4. 年齢別特集/妊娠・育休
  5. 赤ちゃんとの時間を有意義に 声かけ・絵本の読み方

赤ちゃんとの時間を有意義に 声かけ・絵本の読み方

月齢別・赤ちゃんにかける言葉やジェスチャーのおすすめは?/擬音語は「おおげさに」表現しよう


0歳から乳幼児期にかけ、飛躍的に発達する子どもの言語能力。家で過ごす時間が増えている中、ママやパパは赤ちゃんにどんな言葉をかけたり、身ぶり手ぶりを示してあげればいいでしょうか。赤ちゃんの言語発達において、声かけとジェスチャーがもたらす効果について、玉川大学大学院・脳科学研究科教授で「乳幼児の音声コミュニケーション発達」について研究を行う梶川祥世さんに聞きました。

【年齢別特集 妊娠・育休中のママ・パパ向け】
(1) 赤ちゃんとの時間を有意義に 声かけ・絵本の読み方 ←今回はココ
(2) 赤ちゃんの言葉と情操を育む 歌・音楽の聞かせ方
(3) 【動画】出産前の不安を緩和 パパのタッチングケア

声かけとジェスチャーによるメリットとは

 赤ちゃんをあやすときや寝かしつけるときなど、子育てのさまざまな場面で、ママやパパは無意識のうちに赤ちゃんに声をかけたり、身ぶり手ぶり(ジェスチャー)をつけたりしています。そもそも、赤ちゃんへの声かけやジェスチャーにはどんなメリットがあるのでしょうか。

 赤ちゃんは胎内にいるときから周囲の音を聞き、1歳ごろには単語の理解が飛躍的に発達、2歳ごろには二語文(「ワンワン、いた」など2つの単語がつながった文)を話すようになります。玉川大学大学院・脳科学研究科教授で「乳幼児の音声コミュニケーション発達」について研究している梶川祥世さんは、「赤ちゃんの興味を引くような声かけやジェスチャーをすることで、赤ちゃんが言葉を聞き取りやすく、覚えやすくなると考えられます」と話します。

 とはいえ、赤ちゃんの言語発達のスピードには個人差があり、早ければいいというわけではありません。声かけやジェスチャーには、発話を促す以上に「親子間のコミュニケーションをスムーズにする」という大切な役割があることも、梶川さんは指摘します。

 「赤ちゃんが意味のある言葉を話し始めるのは、個人差がありますが1歳くらいから。それまでは、『赤ちゃんがどんな言葉や動きに反応してくれるか、観察して楽しむ』というくらいの気持ちで、いろいろな言葉や動きを試してみてください。これは伝わらなかったかな、こんな言葉だと楽しんでくれるかな……と試すうちに、親子のコミュニケーションも豊かになっていくでしょう」

 また、赤ちゃんや乳幼児は言葉の意味が分かっていてもうまく発音できず、表現できないときにはジェスチャーで意味を伝えようとします。特に生後8~10カ月ごろからはさまざまな手の動きができるように。「普段からジェスチャーを使ったやり取りに慣れていると、ママやパパも赤ちゃんの要求を理解しやすくなると思います」

 それでは具体的に、どんな言葉をかけたり、ジェスチャーをしたりすればいいのでしょうか。赤ちゃんが覚えやすい言葉には、いくつかの特徴があると梶川さんは言います。次のページから見ていきましょう。

次ページから読める内容

  • 赤ちゃんはどんな声かけが好き?
  • お座りができたら、赤ちゃんとジェスチャーを楽しんで
  • 赤ちゃんは「知っている」という感覚が好き

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る
DUALとは