“セックスレス”という言葉がすっかり定着し、その状態にある夫婦は珍しくなくなりました。それどころか、下手をするとセックスレスの夫婦のほうが多い、といった傾向も出てきています。

 一方、セックスレスでも仲良しという夫婦や、セックスはしないけれどもスキンシップはよくするという人もいます。共働き家庭が増え、夫婦の役割やその在り方も多様化が進み、「かくあるべき」という伝統的な夫婦像が崩れつつあるようです。

 夫婦にとってセックスとは、どうしても必要なものなのでしょうか? 今回日経DUALでは、夫婦のセックスレスとスキンシップの在り方について徹底的に取材しました。特集第2回では、産後の女性の体の変化、「夫が自分を求めるのは性欲処理のため?」という疑問、「夫は拒否するが私はセックスしたい」という妻の思いを専門家に聞きました。第3回は「夫の言い分」編をお送りします。

【“仲良しセックスレス”はアリ? 夫婦のスキンシップ特集】
第1回 “夜の営み”アンケート「セックスは好きですか?」
第2回 男女の性欲は加齢により変化 妻の本音と女性の体
第3回 妻としたい気持ちと折れる心 夫の自尊心と男の本能 ←今回はココ!
第4回 閲覧注意! セックスの悩みに答える「直球Q&A」
第5回 マンネリ夫婦のためのスキンシップ術&お試しルポ
第6回 ゲイとレズの逆転夫婦「ノンセックスでも深い絆」
第7回 「でも、子どもは欲しかった」結婚23年目の初告白

セックスレスは離婚につながる?

 特集の第2回では女性側から「夫のセックスは性欲処理が目的?」という疑問を取り上げました。一方、妻と同様に仕事に育児に日々奮闘する夫も、妻とのセックスは性欲の処理というだけでなく、癒やしや夫婦の愛情確認を求めているという声が挙がりました。そして、セックスの頻度に不満を抱えているという意見も多く見られました。

<セックスの頻度に不満がある>

・「妻は性的に非常に淡白で、セックスが夫婦に必要なことだと認識していない。2人の時間が少ないからこそ必要なのに。またパートナーはあまり言葉や態度で愛情表現をしてくれない」(38歳・妻も38歳・子どもは1歳と年少・セックスレスは3年)

・「妻は必要ないと考えているようだが、私にとっては必要不可欠。セックスレスではないが、現状は回数が少な過ぎて不満。年を重ねてもワクワクする気持ちを持つのは大切だし、お互いの潤滑油になると思う」(59歳・妻も59歳・子どもは中学生以上・セックスの頻度は半年に1回程度)

・「妻は、子育て中はあまりセックスする必要がないと考えている。私は週末には『楽しみの一環』としてセックスしたい。セックスの価値は他のスキンシップとは違うと思う」(39歳・妻は40歳・子どもは小学校1年生と4年生・セックスの頻度は半年に1回程度)

・「子どもを妊娠したときのみセックスしただけ。その後、妻はセックスを拒否。自分はしたいと考えていたのに。思いやりや互いへの興味を維持するためにも、セックスを含め身体的な接触が必要だと思う。14年以上も身体的接触は一切なく、妻に対する不信感が大きい。率直に言って、妻とはもうしたくない」(47歳・妻は45歳・子どもは中学生以上・セックスレスは14年以上・セックスレスが原因で離婚を考えたことがある)
※読者アンケートより。内容は一部編集しております

 頻度への不満だけでなく、長期間にわたるセックスレス状態に疲弊し、諦めのような気持ちを抱く人も。アンケートの結果からは分かりませんでしたが、実際にセックスレスが原因で離婚してしまうケースもあるのでしょうか。

 「セックスレスというのは夫婦関係のほんの一部が見えている氷山の一角でしかなく、奥にある夫婦関係はかなり多岐にわたります。セックスレスという同じ悩みの夫婦でも、両者の話を詳しく伺うと『セックスレスでも仲良し』の夫婦もいれば、『セックスがないどころか、そもそもパートナーシップが崩壊している』という夫婦もいます。結果として、離婚する夫婦もいます」と解説するのは、産婦人科医で性科学者の宋美玄(そん・みひょん)先生。

 アンケートでは14年以上セックスレス状態の夫婦もいれば、「妻が妊娠中なので、その間だけセックスレス」という人も。夫婦間で定期的にセックスしているという人の中にも「年も年なので週1くらいでも十分だが、できれば週に2回以上したい。まだまだ性欲はあるので」(49歳・妻は45歳・子どもは小学校5年生と6年生、中学生以上・セックスの頻度は2週間に1回)と、より頻度を増やしたいという意見も見られました。どれくらいの期間が空くと、「セックスレス状態」といえるのでしょうか。

≪次ページからの内容≫
・断ったら、次は自分から誘うのが“セックスマナー”
・「男兄弟のよう」と言われショック
・“木は森に隠せ”子作りのプレッシャーから解放
・子作り圧力が強過ぎると正直萎える
・子どもが欲しいからこそセックスを楽しむ

次ページから読める内容

  • 断ったら、次は自分から誘うのが“セックスマナー”
  • “木は森に隠せ”子作りのプレッシャーから解放
  • 子どもが欲しいからこそセックスを楽しむ

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る