ここ数年、転職の世界は売り手市場が続いてきましたが、時間の制約があるワーママが、望むような転職を成功させるためには、どうすればいいのでしょうか。「強みをどう売り込む?」「年収やキャリアダウンにならないための面接術とは?」「管理職人材として選ばれるには?」など、転職を視野に入れているすべてのワーママが知っておくべきことを総力特集。進化系転職テクもご紹介します。

「ワーママ転職」2020年の戦略

ワーママはニューエコノミー企業の働き方になじみやすい

 1回目の記事では、転職市場全体として、従来の重厚長大型のオールドエコノミーから、IT系などの成長途上のニューエコノミー側に、人材の需要が大きく移動しているのが現状であることをお伝えしました。

 「オールドエコノミーの、リストラを進めている企業から、同じように厳しい状況にある別のオールドエコノミーの企業への転職は、一般的に考えると厳しいでしょう」と、35歳以上専門の転職支援サービス「Career Release 40」を運営する黒田真行さんは話します。

 では、成長途上にあり、人材需要も旺盛なニューエコノミー企業でワーママが活躍できるチャンスはあるのでしょうか。黒田さんは、むしろワーママにこそ、ニューエコノミー企業への転職を勧めます。

 「転職相談でお会いしてみて実感するのですが、ワーママは働く環境に制約がある人が少なくないため、労働時間より成果重視の発想になりやすく、ニューエコノミー企業で重視される生産性の高い働き方になじみやすい傾向があります。また、ニューエコノミーの企業は、性別などの属性への偏見もあまりない傾向が強く、チャンスも大きいと思います」(黒田さん)

 ただし、転職先としてこれから伸びるニューエコノミーの企業も視野に入れるなら、転職活動にもアップデートが必要なようです。多忙な30~40代ワーママが転職を考えたときに、「必ず押さえておきたい基本のアクション」と、「ぜひ加えておきたい進化系のアクション」について、次ページから具体的に見ていきます。

30~40代ワーママ 攻めの転職方法 基本のアクション  転職市場全体の大まかな傾向をつかむ  登録して待つ  転職エージェントを活用

次ページから読める内容

  • ワーママ転職 基本の「3つのアクション」
  • 転職エージェント活用 気をつけたい点
  • 忙しいワーママが利用するメリットは?
  • 「募集していない企業には応募できない」という思い込みが古い
  • 進化系アクションを要チェック
  • 独立や副業の可能性を想定しておけば、無駄に焦らずにすむ

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る