「世帯収入1000万」の家計は火の車になりやすい

 「世帯年収1000万円というのは、普通の生活を送るには十分なレベルです。さらに、1人で1000万円稼ぐ場合は、手取りは700万円代前半になりますが、2人で1000万円稼ぐ場合は、手取りは800万円前後になり、一人で稼ぐよりもお得です。これは、日本は所得が上がると段階ごとに所得税の税率が上がる累進課税を採用しているためです」と花輪さん。

 お得なはずの「二馬力1000万世帯」が「貯められない不安」を抱える原因は、むしろその「余裕」に起因する特有のある落とし穴にはまってしまっている可能性があると花輪さんは指摘します。

 「年収が1000万円あると、日常的なキャッシュフローには困ることがないので、目の前の支出に甘くなる傾向があります。小さな支出では、高めのカフェにちゅうちょなく立ち寄り、子どものブランド服なども苦にせず手に入れることができ、大きな支出でいえばタワーマンションに住むことや、子どもを中学校から私立に通わせることもできるなど、一見富裕層と同じような生活も可能です。こうした余裕が、かえって落とし穴になっていることが多くあります」

 現実的には手取りは、月に50万円、ボーナスで200万円。50万円あれば月収のなかで生活費をまわせるので、ボーナスは一部旅行代等に使ったとしても、アンケートで多くの人が目標貯蓄金額としていた100万円は貯蓄に回せるというイメージ。

 ただし花輪さんはこの年収を「余裕があるとはいえ、都心部に新築住宅を購入し、さらに子どもを私立の学校に通わせる……といった全方位的な支出は厳しい金額」だと言います。

 「年収1000万世帯で心がけるべきは、妥協せずにお金をかける支出を一つだけに絞る『一点張り支出』。逆に取捨選択せず、あれもこれもと全方位的にお金をかけてしまうと、固定費が膨らみ、家計が火の車になってしまいます」