1. 日経xwomanトップ
  2. DUAL
  3. 仕事
  4. 自信のない人こそいいリーダーになれる  子育てスキルは武器
  5. 私らしい「リーダースタイル」を見つけて強くなる

私らしい「リーダースタイル」を見つけて強くなる

現在注目されている主なリーダーシップ・スタイルを知ろう


「管理職になりたいか」という問いに対し、女性の半数以上が「なりたくない」と回答しています。一方で政府は2020年代に指導的地位に女性が占める割合を30%にするという目標を立てています。帝国データバンク調査によると、現在の女性管理職割合の平均はたったの8.9%です。小さい子どもを持ち、仕事と家庭の両立をしているママでも、管理職への打診を安心して受けられるために必要な「武器」を準備する方法をお伝えします。

自信のない人こそいいリーダーになれる  子育てスキルは武器

 12月に発行されたばかりの『なぜ自信がない人ほど、いいリーダーになれるのか』(小早川優子著、日経BP)。この本のエッセンスを紹介する本特集の5本目記事では、昨今注目されている主なリーダーシップ・スタイルについて、著者でワークシフト研究所代表取締役社長の小早川さんに詳しく解説してもらいます。

自信がないリーダーは、ルールを多用しないよう注意

 前回記事「リーダーシップを考える際に意識すべき構造軸と配慮軸」では、リーダーシップを考える際に意識すべき2軸として、構造軸と配慮軸を紹介しました。自信のない人が留意する点としては、構造軸に寄りすぎないようにすること。つまり、「不安だからルールで縛る」というマネジメント手法を多用しないことです。

 小さなトラブルを回避するためのルールづくりに熱心になりすぎて、やたらルールばかりの「権威と従属のマネジメント」になってしまうことがあります(例えば、「何があろうと遅刻は厳禁」「チェックは複数回行う」「資料を大量に保管する」など)。

 チームを運営する上で、ルールづくりはある程度必要ですが、仕組みをつくることに気を取られて、人間関係への配慮が手薄にならないようにしてください。あなたの不安の大きさが、部下を必要以上に支配する状態につながっていないか、十分に気を付けましょう。

昨今の主なリーダーシップ・スタイルとは

 「リーダー」のあり方は日々進化し、時代の変化に応じて、さまざまなリーダーシップの形が生まれています。昨今、注目を集めている主なリーダーシップのスタイルをここで整理しておきましょう(*1)。

次ページから読める内容

  • 「トランザクショナル・リーダーシップ」「トランスフォーメーショナル・リーダーシップ」
  • シェアード・リーダーシップ
  • サーバント・リーダーシップ
  • 静かなリーダーシップ
  • アダプティブ・リーダーシップ

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る
管理職書籍

小早川優子
小早川優子

ワークシフト研究所 代表取締役/慶応義塾大学大学院経営管理研究科修了。経営学修士/米国コロンビアビジネススクール留学。2012年に独立。ダイバーシティ・マネジメントやリーダーシップ開発、交渉術のコンサルタント、セミナー講師として一部上場企業からベンチャー企業、官公庁、地方自治体まで年間100回以上登壇し、5年連続満足度99%のビジネスプログラムを提供。主催する「育休プチMBA」には延べ1万人のママが参加。

…続きを読む