コロナ禍で生活が大きく変わるなか、「残業が減った分、収入も減った」「勤務先の業績不振で冬のボーナスも大幅にダウンするのでは?」など、家計に対する不安が広がっています。DUAL世帯には教育費や住宅費用といった大きな出費が控えています。これまで通りのマネープランは通用する? 見直しのコツは? 共働き世帯のマネー戦略を、今こそアップデートしましょう!

共働きのマネー戦略をアップデートせよ!

 コロナ禍でDUAL世代の生活が大きく変わる中、実際の家計はコロナの前と後でどう変わったのでしょうか。

 まずはデータを見てみましょう。下の表は、総務省「家計調査」を基に共働き世帯の収支の変化を示したもの。大和総研金融調査部主任研究員の是枝俊悟さんは、「コロナ禍の2020年2~7月は、世帯当たりの収入が前年同期比で月8000円ほどダウン。一方で、消費支出も月平均で3万円以上減っており、その内訳を見ると、外食費、交通費、被服費、教養・娯楽費、交際費などが軒並み減っています」と指摘します。


■コロナ禍における共働き世帯の収支の変化
■コロナ禍における共働き世帯の収支の変化
条件/核家族世帯で夫婦とも勤労者(会社員・公務員等)、夫が世帯主で60歳未満、妻の月収が8万円以上。出所/総務省「家計調査」より大和総研作成

 「収入は確かに減ったが大きな落ち込みではない。むしろ自粛生活で家にいることが多く、収入以上に支出が減ったため、意外にも家計は悪化していない」――。共働き家庭全体ではそんな傾向が見えてきました。

 日経DUALの読者アンケート(2020年9月実施、有効回答数102人)でも、コロナ前と比較して「収入は変わらない」と答えた人が59.8%。次いで「収入が減った」という人が33.3%、「収入が増えた」と答えた人が6.9%という結果でした。皆さんの家計はどうでしょうか。

 「職種によっては収入が大きく減ったケースもあります。雇用形態によっても異なり、特に緊急事態宣言が出た今年4~5月を見ると、非正規雇用の女性の就業者数が大きく減っています。勤務先の休業だけでなく、休校や登園自粛で子どもの面倒を見るために仕事を辞めている人もいると考えられます。非正規雇用の女性ほど、コロナの経済的影響を強く受けたと言えるでしょう。今の事態が長引き、これ以上経済が低迷すれば、より多くの家計にダメージが及ぶ可能性もあります」(是枝さん)。

 また、ファイナンシャルプランナーの坂本綾子さんは、「これまで残業が多かった人は、コロナの影響で残業代が減ったことで、収入が落ち込んでいるかもしれません。また冬のボーナスは多くの企業で減る可能性が高く、残業代やボーナスをあてにしている家計は、赤字になる可能性もあります」と指摘します。読者アンケートでも、今年の冬のボーナスが「昨年に比べて減ると思う」と答えた人が50%に上っています。

 とはいえ、「少なくとも現時点では、夫婦ともに正社員の世帯に限れば、それほど心配するような事態ではないでしょう。それでも家計が苦しいと感じる人が多いのは、先が見えない不安が大きいためだと考えられます」と、是枝さんは解説します。

 先が見えない不安――。これを少しでも解消するには、何から手を付ければいいのでしょうか。

家計が見えない…そんな共働き家庭の解決策は?次のページから紹介します
家計が見えない…そんな共働き家庭の解決策は?次のページから紹介します

次ページから読める内容

  • 生活様式の変化に伴う支出の変化に気づこう
  • 共働きを続けるために、適切にお金を使うことも大事

続きは、日経DUAL登録会員の方がご覧いただけます

会員限定記事(2590本)が読める
ログインはこちら
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。
もっと見る