共働き生活では、願わくば良きチームメイトでありたい夫婦。でも、夫婦喧嘩をしたとき、チームがうまく機能しないとき、ワンオペで疲れたときなど、「離婚」の言葉が脳裏によぎったことがあるかもしれません。「離婚をする」と決めていても、一番心を砕くのはやはり「子どもへのダメージ」でしょう。離婚の経験者たちに、離婚の現実や離婚後も子どもの生活を変えないための方法について語ってもらいます。また、専門家を取材し、離婚の際にすぐに必要となるお金や長期的に必要なお金、離婚以外の選択肢として夫婦関係を再構築するために知っておきたい心構えや方法も紹介します。

続婚?離婚?家族のカタチの最適解

何度も、「本当に離婚していいのか」悩んだ

 もう離婚して、一人で子どもを育てたほうがいいのではないか──日々の生活の中で、そう思ったことがある人は少なくないのではないでしょうか。

 でも実際に離婚するとなると、簡単ではありません。特に子どもがいれば、金銭面、環境面から想像以上のエネルギーを使うことになるかもしれません。

 では離婚経験者は何がきっかけで決意したのでしょう。前回紹介した読者アンケートの結果では、一番多い離婚や別居のきっかけは「性格の不一致」がトップで、「モラハラ、DV」が続きました。

 またその他の意見の中には「妊娠中の夫の不貞、ゲームばかりで子どもに興味なさすぎる」(42歳、女性)、「セックスレスのため」(41歳、女性)、「夫が部屋を片付けられないのが心底嫌になった」(40歳、女性)という回答も見られました。

 離婚を考えたことがある、もしくは現在、別居中や離婚調停中という人に、「経済面で、配偶者がいなくなっても生活できると思いますか」という質問では、DUAL読者らしく、半数を超える56.4%が「はい」と回答しています。その一方で「いいえ」も17.4%あり、「分からない」は22.6%でした。

 日経DUALでは今回、子連れ離婚の経験者数人に個別インタビューを行いました。いずれの経験者も、頭を悩ませたのは「金銭面」と「子どもの環境面」で、何度も何度も、「本当に離婚していいのか」と自分に問いかけたといいます。

 次ページからは、離婚経験者二人に、養育費で陥りがちな落とし穴、離婚で子どもに表れたストレス症状、それでも離婚してよかったというメリット、離婚を考えている人へのアドバイスなどについて語ってもらいました。

 「離婚するために結婚したわけではない」と口をそろえる二人の思いとは

(写真はイメージです)
(写真はイメージです)

次ページから読める内容

  • ケース1:夫が原因でうつ病を発症し「離婚」決意
  • 「いったい俺が何をした」の一言が引き金に
  • 離婚したかったわけではなかった
  • 経験者が周りにいたから離婚に踏み出せた
  • 一人親になって最も大変なのはお金以上に心身のバランス
  • ケース2:セックスレス後の元夫の浮気が引き金に
  • 年金分割は必須だった
  • 子どもの前で、父母間のいさかいを見せずに済む

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。