「無理せず仕事と育児を両立したい」「子どもと過ごす時間をなるべく増やしたい」「子どもの生活リズムを守りたい」…。短時間(時短)勤務中の人が制度を利用している理由はそれぞれですが、皆が一様に感じているのは、「このまま時短を続けていて大丈夫?」という迷い。日経DUALが実施したアンケート調査でも、350人近くの時短ママたちから「キャリアの展望が開けない」「仕事でやりがいが感じられない」「収入が下がっているのに仕事量はそれほど減らしてもらえない」「職場で居づらい」といったさまざまな不安や不満、悩みの声が寄せられました。そこで、時短ママたちがはまりがちな「キャリア迷路」を抜け出す方法を徹底取材。時短勤務でもキャリアアップする方法、フルタイム勤務へのスムーズな移行法も紹介します。

時短ママの「キャリア迷路」脱出法

 「とりあえずの短時間(時短)勤務」で職場に居場所を失うリスクがあることについて、前回の記事でお伝えしました。ただ、実際は時短ママは「ワンオペで頑張るしかない状況だから」「職場が遠くて保育園のお迎えに間に合わないから」など、避けようのない理由で時短勤務を選択している人がほとんど。「時短だけどキャリアを諦めている訳ではない」「昇進を目指したい」と考えている人も少なくありません。

 実際、日経DUALが実施した読者アンケートでも、時短勤務をしている(した経験がある)310人を対象に悩みを聞いたところ、評価面で悩んでいる人が55.6%、昇進面で悩んでいる人が53.2%(重複あり)に上りました(詳細は本特集1本目記事、「345人の悩める『時短ママ』がモヤモヤを吐露」参照)。

 ただ、「時短だからキャリアアップや昇進を諦めなければならない」というのは大きな誤解。「時短勤務をする時期があっても、将来のキャリアップは十分考えられます」と、転職・人材派遣サービス大手のパソナで常務執行役員を務め、自身も育児を理由とする時短勤務の経験者である岩下純子さんは話します。

 「大切なのは、最終的にどうなりたいかをイメージした上で、逆算して行動すること」と話す岩下さんに、時短勤務中に心掛けたい、キャリアップを見据えた働き方についてアドバイスしてもらいました。

 実は、時短勤務当事者に対する周囲のイメージと、本人が持つ自己イメージの間には大きなギャップがある場合が多い、と岩下さんは指摘します。

 「働き方改革の流れの中で、昔のように早く帰ることについての周囲の反発は少なくなってきていますが、時短勤務者は、良くも悪くも『キャリアとプライベートをバランスよく取ろうとしている人』という目で見られる可能性があることを自覚しておいたほうがいいと思います。周囲は時短勤務者に対して、『いざというときに踏ん張りがきかない人』というレッテルを貼りがちです」

 また、働き方改革が浸透して、育児休業や時短勤務への理解が進む昨今においては、逆に周囲の過剰な「気遣い」や「配慮」が、キャリアアップにおいては思わぬリスクを生む恐れも。

 「周囲の社員に悪気はなくても、『あの人は子育てで大変だから』と重要な仕事を振られなくなったり『今の時期に部下を持つのは大変だろう』と昇進を見送られたりするなど、しっかり働きたいと思っている本人との認識の違いがキャリアアップの妨げになる恐れもあります」。そうした配慮に甘んじていると、実績が積み上がらないため、どうしても「組織への貢献が十分でない」社員としてみなされてしまいがち。その結果、希望をかなえてもらえないなどで、キャリア迷路にはまってしまうリスクも(詳細は、前回記事「時短勤務の落とし穴 職場に居場所失うことも」の【落とし穴2】参照)。

 時短勤務をしながらキャリアアップを目指すなら、まずは「周囲の誤解を解くべき」と岩下さんは言います。

パソナ岩下さんのアドバイスを7カ条にまとめたもの。写真は岩下さん。詳細は次ページから
パソナ岩下さんのアドバイスを7カ条にまとめたもの。写真は岩下さん。詳細は次ページから

次ページから読める内容

  • まずやるべきは「キャリアアップの意思を伝える」こと
  • 優先順位と締め切りを設けて業務に取り組む
  • すきま時間を逃さず、コツコツとスキルアップに取り組む
  • 育休中に退職が頭をよぎるも、「まだ組織に貢献できることがあるかもしれない」と復職
  • 「時短だけどキャリア戦略を立てている」人が4割にも

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。