1. 日経xwomanトップ
  2. DUAL
  3. 仕事
  4. ウィズコロナ時代の「働き方、次の一手」
  5. コロナ禍で転職成功 保育園ママの4つの戦略

コロナ禍で転職成功 保育園ママの4つの戦略

転職(上)/厳しくなる転職市場。オンライン面接、コロナ禍ならではの質問…乗り越えたママが語る


新型コロナウイルスの影響で先行きの不透明感が増し、今後の収入や働き方に不安を覚えている人もいることでしょう。一方で、オンラインを活用すれば自宅にいながらの学び直しや副業なども容易になってきました。動きづらい今の時期をキャリアの「仕込み期」とすることで、今後経済が回復したときに再度大きく飛躍できる可能性もあるはず。今だからこそできる、DUAL世代のキャリア戦略の立て方を紹介します。

ウィズコロナ時代の「働き方、次の一手」

求人数が減って競争率が高くなっている

 「もっと在宅勤務がしやすい会社に転職したい」「コロナで会社の業績が下がり、先行きが不安」――。新型コロナをきっかけに、今の働き方や勤務先に疑問を感じ、転職を検討している人もいるでしょう。

 しかし、転職環境はコロナ前より厳しくなっています。7月の全国の有効求人倍率は1.08倍で7カ月連続で低下。人材紹介サービス「エン エージェント」で35歳以上の転職支援に携わる井用崇之さんは、「業種や職種によって差はありますが、全体的に35歳以上の求人数は、コロナ前と比べて10%程度落ち込んでいるという印象です」と語ります。

 さらに井用さんは、「コロナ前に比べて、企業側の採用選考の基準が厳しくなっていると感じます。求人数が減って競争率が高くなっている上、企業にとっては人材育成にコストをかけられる状況ではないため、より専門性が高く、スキルの高い人材が求められています」と話します。

 そんな状況下で、転職を成功させたママがいます。製薬会社の営業(MR)として15年以上勤務し、5歳と3歳のママであるMさん(仮名・38歳)は、在宅勤務で人生を見つめ直したことをきっかけに転職活動を開始。3月から4月にかけてオンライン面接を行い、この7月に医療系メディアを手掛ける企業に内勤として転職しました。

 Mさんが取った「戦略」とはどのようなものでしょうか。次のページから紹介します。

次ページから読める内容

  • コロナ禍だけど、動くなら今しかない
  • 「コロナ禍でも○○の価値を届けるべきだと思います」
  • PC画面ではなく、画面上部のカメラを見る
  • 不安な点は念入りに確認

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る
女性が活躍できる企業:日経転職版