すぐ泣いたりわめいたりするのは自然なこと? それとも、打たれ弱い性格なのかも…? そんなふうに子のメンタルに不安を抱える場面はあるかもしれません。この先、子どもが何か困ったことにぶち当たっても壁を乗り越えていけるように、身に付けたいのは、強くてしなやかな心。そうした心を育てるために、子どもとの関わりの中で親ができることはあるでしょうか。専門家を取材しました。

レジリエンス、しなやかさ、負けないメンタル… 「心が強い子」の育て方

「私が何とかしなければ」は悪循環の始まり

 不登校や行き渋りなど、子どものメンタルを心配するような出来事が続いたとき、そしてそれを親だけでは抱えきれなくなったとき、ふとよぎるのは、カウンセラーや精神科医などの専門家に相談してみようかという思い。しかし、心の問題を気軽に専門家に相談できる土壌ができている諸外国とは異なり、日本では一般的ではなく、人の目を気にしてしまい、後ろめたさや抵抗を覚える人が多いのも事実です。

 「受診しているところを知り合いに見られたらどうしよう」「私の子育ての仕方を批判されるかもしれない」「これくらいのことは私にもあったから、まだ大丈夫」など、さまざまな言い訳をしてしまい、専門家に助けを求めることを選択肢から外してしまう人もいるのではないでしょうか。

 ですが、子どものメンタルを専門にする松田病院(広島市)院長で精神科医の松田文雄さんは、「子どもの心のSOSサインを軽く見て、専門家のサポートを仰がず、親が何とか対処しようとしてしまうことで、悪循環となり、大人になって引きこもりになったり、うつ病を発症したりすることがある。『軽い症状のうちに相談する』ことを、ぜひ意識してほしい」と話します。

 では、具体的にはどの段階で専門家を頼っていいのでしょうか。また、専門家はどんなルートで見つけ、受診の際には何に気を付ければいいのでしょうか。もろもろの疑問を松田さんにぶつけてみました。次ページから具体的に解説してもらいます。

詳しくは次ページから
詳しくは次ページから

次ページから読める内容

  • 「何となく気にかかるレベル」でも専門家に相談していい
  • 身体的治療が必要なケースもある
  • 子どもは、親が自分を気にかけてくれるだけでもうれしい
  • 受診の際の注意点は?

続きは、日経DUAL有料会員の方がご覧いただけます

有料会員限定記事(2079本)が読める
ログインはこちら
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。
もっと見る