夕方、子どものお迎えに行くために、仕事をなんとか終わらせて、付きまとう焦りや葛藤を振り払い、今日も走っているのは、女性だけではありません。職場や社会で育児中の男性の前にいまだ壁が立ちはだかるなかで、保育園パパたちは、タイムマネジメントやタスク管理にどのように取り組み、周囲の理解を得るためにどんな工夫をしているのでしょうか。お迎え後の家事やママとの連携は?パパたちの本音は? 詳しく紹介します。

保育園パパたちの働き方改革DAYS

経営の根幹を担いつつ定時で退社

 今回登場するのは国内眼鏡メーカーの経営企画部門で働くパパ。ほぼ毎日18時に退社し、週2~3日は息子の保育園のお迎えへ。残業は週1回程度に抑え、家族との時間を過ごしていると言います。経営会議の調整や予算管理、経営課題の解決など、会社の根幹を担う大事な業務を抱えながら、どのように定時で仕事を終わらせているのでしょうか。集中力の高め方や、仕事で感じる葛藤、ここに至るまでの曲折について聞きました。

4歳の息子を抱っこする安田則之さん。写真はある日の朝
4歳の息子を抱っこする安田則之さん。写真はある日の朝
安田則之さん
OWNDAYS(オンデーズ)勤務
子どもは4歳
保育園送りは毎日、お迎えは週2~3回
月平均残業時間:12時間

 外資系金融やスタートアップ企業を経て、現在は眼鏡メーカーの経営企画室で、経営会議や取締役会の運営、予算作成・管理、部署横断的なプロジェクトなどを担当しています。僕の勤務時間は9~18時ですが、週に1回は20時過ぎまで働き、残業は月に12時間くらいですね。

 息子は4歳で、毎日の保育園の送りと、週2~3日のお迎えを担当しています。延長保育は基本的に利用せず、18時半に迎えに行きます。実は2年前に会社の近くに引っ越し、保育園も会社の近くの園へ転園しました。今は自宅、保育園、会社がすべて徒歩10分~15分くらいの距離にあります。電車の時間を気にしなくていい分、お迎えがある日もついギリギリまで仕事をしてしまい、保育園までダッシュすることもしばしばです。

 同じ部署に5人の同僚がいますが、22時頃まで働いていることもあります。しかも皆とても生産性が高くて優秀。短い時間で彼らと同じレベルの成果を出すのがなかなか難しく、もどかしさを感じています

 帰る間際に緊急の案件が発生することがあります。そんなとき、僕はお迎えを優先させてもらい、子どもが寝た後の22時以降か、起きる前の朝5時くらいから対応します。22時まで待てない案件は、僕ができない分をほかのメンバーがフォローしてくれています。その点はやはり心苦しいですね。子育てを言い訳にはしたくないし、もっと結果を出せるようになりたい、という葛藤をいつも感じています

次ページから読める内容

  • メールやチャットを一切見ない時間をつくる
  • タスク管理を効率化し「考えたい業務」に時間を割く
  • 朝9時からお迎えまで走り切るのは疲れる
  • お着替えカゴに息子のパンツが6枚も
  • 妻だけに子育てをさせていた過去を後悔

続きは、日経DUAL有料会員の方がご覧いただけます

有料会員限定記事(1973本)が読める
ログインはこちら
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。
もっと見る