限られた時間の中で通うなら、どんな習い事がいい? 費用や送迎は? それともオンライン…? 習い事って迷いますよね。習い始めた後も、「子どもが前向きに取り組まない」「向いていないのか?」などなど、悩みは尽きません。そこで編集部では、そんな習い事の「モヤモヤ」を解決すべく、共働きの親355人に緊急アンケートを実施! 発達心理学の専門家にも取材し、水泳やピアノといった「定番」習い事から、プログラミングなどの「STEM系習い事」まで、子どもが主体的に楽しく取り組むためのノウハウを紹介します。

習い事の“モヤモヤ”は 先輩パパママ&専門家に聞け!

楽しんで取り組んでいる、自信になったという声も

 特集1本目「『共働きに人気の習い事』トップ20! 費用のリアルは」では、読者アンケートの結果を基に、共働きに人気の習い事20を紹介しました。

 それぞれの習い事をしている家庭では、どんなメリットを感じているのでしょう。また、悩みはあるのでしょうか。今回の記事では、ピアノ、水泳、英語、公文など、定番の10の習い事について、経験者のリアルボイスを「満足派の声」と「悩みの声」に分けて紹介します。

スイミング、ピアノ、英語…定番の習い事を経験した家庭のリアルボイスを紹介!
スイミング、ピアノ、英語…定番の習い事を経験した家庭のリアルボイスを紹介!

 「満足派」からは、スキルの上達以外にも、子どもが楽しんで取り組んでいる、子どもの自信になった、忍耐力がついた……といった、心の成長を実感する声などが聞かれました。一方で、「悩み」としては、親の関与の多さや費用、宿題がある習い事の場合はその負担などが挙げられました。

 どの習い事を始めようか? と悩んでいる人は参考にしてみてください。

次ページから読める内容

  • スイミングやピアノで「伸びた」と感じる力とは?
  • 英語、体操・リトミック、公文に通っている親の意見は?
  • 書道、サッカー、プログラミング、バレエ、そろばんを習うと?

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る