子どもが生まれると、「親なのだから」「子どものためだから」といった義務感から知らず知らずのうちに自分自身を縛り、プレッシャーをかけてしまっていないでしょうか? 本特集では、「そのこだわりは本当に必要なのか?」というところに立ち返り、専門家や各界で活躍するパパやママたちへのインタビューを通じて「~ねばならない」の手放し方に迫ります。

頑張る共働き親を楽にする 「~ねばならない」の手放し方

 あなたが抱えている「~ねばならない」は何ですか? 自覚できていることもあれば、知らず知らずのうちに抱えていることもあるでしょう。そもそも「~ねばならない」とは、いつ、どこからやってきたのでしょう。

 今回は、作家の山崎ナオコーラさんとメンタルヘルスに詳しい医師の鈴木裕介さんと共に、共働き親を窮屈にしている「~ねばならない」について考えます。対談の上編は「~ねばならない」の正体について。下編では、私たちが抱えている「~ねばならない」との折り合いの付け方や、その手放し方について、具体的な方法を聞きました。

【上編】山崎ナオコーラ×鈴木裕介/上 〜ねばならないの正体は ←今回はココ
【下編】山崎ナオコーラ×鈴木裕介/下 「べき思考」どう手放す

山崎ナオコーラさん
作家。2004年、会社員をしながら書いた『人のセックスを笑うな』(河出文庫)で第41回文藝賞を受賞、作家活動に専念する。1歳と4歳の子どもと、書店員の夫の4人暮らし。

鈴木裕介さん
内科医・心療内科医・産業医。研修医時代に近親者の自死を経験し、ライフワークとしてメンタルヘルスに取り組む。2018年に「セーブポイント(安心の拠点)」をコンセプトとして秋葉原内科saveクリニックを仲間と共に開業。

「~ねばならない」は、どこからやってくるのか?

作家の山崎ナオコーラさん(左上)と医師の鈴木雄介さん(下)。対談はオンラインで実施
作家の山崎ナオコーラさん(左上)と医師の鈴木雄介さん(下)。対談はオンラインで実施

日経DUAL編集部(以下、――) 山崎さんは1歳と4歳のお子さんを育てるママですが、共働き子育てをする中で、何か「~ねばならない」と思うことがありますか?

山崎ナオコーラさん(以下、敬称略) あります。子どもたちが保育園と幼稚園にそれぞれ通っているんですが、登園時間に間に合うように準備をするのが大変で……。たまには、「まあ、遅れてもいいや」と思えればいいのですが、それをすると「人として落第」のような気がしてしまうんです。私自身、自由業なので時間に対する考えかたは割とフリーなほうだと思っていたのですが、親になると、どこか人としての基本が問われているようで、「~ねばならない」と考えてしまうのかもしれません。

―― 子どもを産む前はあまり意識していなかった「~ねばならない」を、子育てで強く感じるようになったというのは、分かるような気がします。鈴木さん、そもそも「~ねばならない」とはどこからやってくるのでしょうか?

鈴木裕介さん(以下、敬称略) 人それぞれの価値観です。「それが正しいものである」という主観からくる思考のパターンですよね。

次ページから読める内容

  • 「~ねばならない」は、親の影響を受けやすい

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る