入学、進級から2カ月。皆さんのお子さんが通う学校、クラスでの今年の役員・委員・係決めはどうでしたか?各学校ではPTAの役員も決まり、すでにいくつかの行事が動き出したのではないでしょうか。思い切ってPTAをなくしてしまう学校もあるようですが、大半の学校ではPTA活動は続いています。どうすれば、前向きに楽しく取り組めるか、先輩ママたちの体験談をお届けする第2弾です。
*なお、文字数調整などの理由により、文章を一部ecomom編集部で修正・省略させていただいております。ご了承ください。

まずは小学校に入学したてのお子さんのママ、くうさんのお便りをご紹介します。状況が読み込めない中のスタートとなったようです。

入学直後の保護者会。PTAの話し合いが微妙な雰囲気に

 我が家は今年小1。小学校に上がるタイミングで引越したため、まだそこまで親しいママ友もおらず、PTAってどんなものかな?と呑気に構えていましたが、入学式で早速ご案内が。
 通う小学校の場合、任意、といいつつ、半ば強制で6年間に1度は引き受けるのがルール、という感じになっていました。そのことを指摘したパパがいたのですが、喧嘩腰な質問だったこともありその場は微妙な雰囲気に…。おそらくママ友ネットワーク内では細かな情報交換されているのだと思いますが、今のところまだ把握しきれておらず、次回の保護者会で役員決めの予定なので、ドキドキです。(くうさん)

 くうさんの第2回の保護者会が気になるところです。前回も、賛否両論、たくさんのご意見をご紹介しましたが、今回も自ら手を挙げて取り組んだ前向きな方のご意見、一方、つらい思いをしたという方、さまざまなお便りから、PTAに取り組む、あるいは楽しむ、または乗り切るコツを考えます。

学級の委員にほぼ毎年手を挙げました

 PTA活動は、保護者として参加するのが当然、と考えました。その中で、自分が得意なこと、できることをえらびました。3人の子どもがいたので、活動の様子が見えてきたところで学級の委員にほぼ毎年手を挙げました。
 読みきかせやお楽しみ会などの準備で、他の保護者と仲良くなったり、学級の子どもたちみんなと関われる良さがありました。専業主婦だったので、「学校に印刷に行くなどの役目を引き受けるので、相談に乗って」とか、「各クラス2人出席の役員会は、私が毎回出るから、もう1人分をほかの人が交代で出てくれれば…」など、やりやすい条件を出して他の人に立候補してもらいました。その他には「あいさつ運動」のまとめ役を6年間ほど。いやいや、仕方なくやるのはつらいので、くじで決めるのだけは避けたかったですね。(ゆゆさん)

右も左も分からないまま会長に。長いスパンでみたらプラスばかり

 PTA活動について私は小学校1年の息子が入学した年に、トシゴで年長の幼稚園児がいましたが、役員推薦で選考会に出席しました。幼稚園で保護者の会の会長を経験していたので、どこからかの情報で推薦対象になったようです。右も左も分からないまま会長を引き受けることになりました。
 1年任期でしたが、やり残した感があり2年継続しました。推薦制度を廃止して、立候補制に。役員をやることでの免除制度などを改善し、現在では80%立候補で役員が毎年決まっています。みなさん、始めは不安とババを引いてしまった!ような感覚から最後はやってよかった!というやりがいに変わっています。
 長いスパンで考えたら、地域の方々との絆や学校の実情理解、子どもとのかかわりがプラスになることばかりです。多くの人に是非経験して視野を広げて欲しいです。(さよねぇさん)

自ら手を挙げ取り組んだと言うお2人、自らの意思で前向きに取り組んだところに、達成感もあるということかもしれませんね。

嫌なことばかりではなかった。母同士のつながりは宝物に

 PTA役員ではありませんが、子供会の校区の役員をしました。上が6年、下が1年の時です。上にとっては最後、下にとっては初めての小学校生活。今まで仕事等で関われず、1年くらいは関わってあげたいと思っていたのですが、役員の仕事をしていたら、我が子の事は相手出来ません。行事の時は早朝に出掛け、家では子ども2人で留守番です。危険ですよね。誰の為の子供会なのでしょうね。

 昔みたいに、まわりの役員以外の親にお願いするという事も、今では出来ませんし。仕事もセーブしてもらわないといけないし、せっかくの休日も家事は出来ず。
1年片付かないと、取り戻せないものですね~でも、嫌な事ばかりでは無かったです。私自身、地元ではないし、子どもたちを地域の保育園に通わせていなかったので子どもを通してのママ友もおらず、寂しいものでした。

 でも、役員を1年させて頂いたおかげで、同級生のお母さん方とお話させて頂ける機会になりました。この事は、私にとって、宝物です。
 ただ、やり易いように新しく変化させようとしても、過去のやり方にとらわれて、過去の役員さんから意見を頂いたりすることもありました。もっと関わり易くするためには、時代と共に良いものに変化させていくしかないと、思うのですが。(のいうささん)

 本当に自分の子どもを置いて出かけなければならないのは、つらいですよね。このあたりは、委員や親同士お互いに、配慮できるといいですよね。

誰もが要所要所で力を発揮して支え合えば

 フルタイムの後、独立して個人事業主になってある程度時間を調整できたので、子どもが中学を卒業するまで薄く浅くPTAに関わってきました。根回しをして集まりの回数を減らしたり、内容自体を見直したりもしましたが、PTAを地域のコミュニティの一つととらえると、顔を合わせて進めることもどうしても必要だということがわかりました。

 「やりたい人がやれば?」ではなく、仕事を持つ人が要所要所で力を発揮すれば、時間に余裕があり、気持ちにも余力がある人を支えていくことができます。
 そういう人はやはり必要だと思うんです。自分がそのままフルタイム勤務だったら、今のようなことは決してできていないと思います。できないものはできません。優先順位がどうしても違いますから。いい悪いでなくそれはもういたしかたなくて、学校関係も、仕事も、社会貢献の方向が違うだけでどちらも大切なことだと思います。

 PTA内部の仕事だけでなく、たとえば学校の先生には手に余る雑用的なことをきりのいい単位で切り出して、できる人にお願いする。これならできるということがある人は引き受けてあげる。そういう風通しのよいPTAになればみんな気持ちよく手伝えるようになって、先生の負担も減り、より子どもに目がいき届くようになるのでは。そうなることをめざしつつ、自分はフルタイム勤務の人の分まで、できることはやっていきたいと考えています。(ことりさん)

必要な委員もあったけれど、無駄だと思った面も

 PTAについて私の子どもが通う学校には、PTA役員とクラス役員の2つの組織がありました。クラス役員は、直接子どもとの行事等に関わりがあり必要性を感じましたが、PTAの方はまったく無駄だと思いました。役員にいたっては、田舎ということもあり”名誉”と思っているような部分もあり、単に「役好き」の人の集まりで、組織的には機能していませんでした。

 よくある新聞作りも、他愛ないおしゃべりに時間を費やし「また次回集まってやろう」の繰り返し。会長以下主な役員も、学校内の問題に無頓着、無関心。飲み会にははりきって出席し、先生との親睦を深めることに意義があるというはき違い。あまりの無能さにただただ驚きと失望の繰り返しでした。こんな組織ばかりではないと思いますが、うちの学校の場合は、クラス委員だけで十分、PTA役員は必要なかったかなという印象しかもてません。(らいたーhさん)

やはり経験しておいてよかった

 PTAの活動について現在、新3年生になる子供の母親です。経験者の先輩ママにすすめられ、子供が1年の時から役員をやりました。子ども1人につき2回(委員長になると1回)役員をする取り決めがあったので、下の子が入学するまでに上の子の役員を早めに終わらせようと思い、思い切って役員をしました。もちろん、不定期ですが学校へ出向いたり、集まって決め事をすることもありました。仕事を休んで行ったりしたこともありましたが、今となれば、やはり経験しておいてよかったなと思います。

 学年を超えて親同士の顔見知りが増えること、その中で気持ちを共有できる仲間ができることで私自身学校との距離がとても近くなりました。また、「学校やPTAの役員にまかせる」という意識から、「自分たちが関わって子供たちの学校生活や活動をよくしていく」というやりがいを感じることができました。

 役員をやらされているという意識をもたず、子供がお世話になっている学校に少しでも役立つこと、子供のためになることのお手伝いができたらと思うように努めました。そうすると周りへの感謝の気持ちもわいてきました。仕事や家庭の事情で、毎回活動に参加することはみんなが難しかったので、行けるときに行ける人がやる、という体制だったため、気持ちもとても楽でした。

 お互いにフォローしあっていましたよ。PTAは活動にとても熱心な方、まったく関わらない方、なんとなく関わろうと思っている方、いろんな考え方の人がいることを実感しましたが、子供たち・PTA・学校がよりよい方向に向かって行くためには必要な組織・少しでも関わるべき組織だと思います。思い切って飛び込むと、不安な気持ちより得るものの方が多くなり、後になってよかったなあ、と思えます。どうしようか迷っている方には思い切って関わってほしいです。(PTA学級委員経験者さん)

皆さんのご意見、いかがでしたか?

 前回もそうでしたが、最終的にPTAをやってよかったと思った理由は、「周囲の保護者との人間関係を築くことができた」「子どもの学校の様子が分かった」、という点に集約されるようです。
 一方、嫌な思いをした理由は「意思に反して、強制された」「PTA活動に非効率、無駄が多い」「子どもとの時間など、自分の時間が削られた」という点が目立ちます。確かに、嫌な思いをするのも当然ですよね。

 子どもが学校に通う限り、ほぼ関わることになるPTA問題、次回は改革に取り組んだ親御さんのお話を聞いてみたいと思います。読者の皆様からの、今年のPTA活動報告も、お待ちしています!!

こちらからお願いします。

https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_mom1/index.html
(エコマム編集部)