最近、「教育虐待」の問題が広く知られるようになってきました。「いい大学に入れるように、勉強を頑張らせないといけないと思っていたけど…」「将来につながるスキルを身に付けさせたくて、子どもが小さい頃からいろんな習い事をさせているけど…」など、親としてのスタンスや子どもとの関わり方に迷いが生じることもあるかもしれません。

そこで、自身も教育虐待のサバイバーで3歳の女の子のママでもあるライター、本庄葉子が、コーチングの専門家であるNPO法人ハートフルコミュニケーション代表理事の菅原裕子さんに教育虐待が起きるメカニズムや予防法、起きてしまったときのリカバリー法について根掘り葉掘り聞き倒しました。6回にわたってお届けします。第5回は「わが子に教育虐待をしちゃった」ときの対処法。自分のせいだと思い込むのも、自分の言動を正当化することも、罪悪感を露骨に打ち出すのも、どれもNGなのだそうです。一体どういうことなのでしょうか。

第1回 遠方の私立小通学で頭痛体質 これも教育虐待?
第2回 親に自分軸があれば、子の心の痛みにも気付ける
第3回 子が親の顔色うかがうように 私の二の舞い避けたいが
第4回 親の過干渉、子の学びを妨げる原因に
第5回 親の罪悪感と正当化は表裏一体、どちらも子には負担 ←今回はココ

「自分の言動が悪かった」の思い込みも危険

本庄葉子(以下、本庄):どんなに親が気を付けていても、つい、子どもに厳しくし過ぎてしまったり、支配的な言動をしてしまったりすることはあると思います。そうした場合、子どものダメ―ジを最小限にするために、親ができることはあるでしょうか。

菅原裕子さん(以下、敬称略):自分の言動によって、子どもが何かしらダメージを受けたように見える場合の対処法、ということですね。まずお伝えしたいのは、早急に「教育虐待してしまった」と思い込むのではなく、それが本当に自分の言動によるものなのかどうかを慎重に見極めてほしい、ということ。親としては普通の言動をしただけというケースもあるからです。

本庄:慎重に見極める……。難しそうです。

菅原:そこでも、2回目記事「親に自分軸があれば、子の心の痛みにも気付ける」でお伝えしたように、「親の軸」が確立されているかどうかが重要になります。軸がぶれていないなら、「人間の健全な状態とはどんなものか」を冷静に判断できるはず。子どもが学校や習い事、塾に行きたくないと言うなど、何かしら様子がおかしい場合でも、家でよく寝て、よく食べているなら、家庭内に問題があるとは言えません。つまり、親の言動が原因ではない確率が高いと思います。

 その場合は、外の環境に何かしらの原因があるかもしれないと考えます。子どもが属している環境を一つひとつ確認していけば、答えが見えてくると思います。「私の言動が悪かった」といった思い込みにとらわれてしまうと、こうした冷静な判断ができず、対処を誤ってしまいます

本庄:なるほど。反省することはいいことだと思っていましたが、危険な場合もあるのですね。

菅原:私のクライアントのお子さんで、4年間不登校の小学生の女の子がいました。親御さんは「自分が悪かった」と思い込んでいたのですが、お母さんから相談を受け、よくよく話を聞いてみると、学校に原因があるように思えたので、学校に相談するようにアドバイスをしました。先生に相談する際の具体的なせりふも一緒に考え、その通りに伝えてもらったところ、子どもは次第に学校に通うようになりました。このケースのように、家庭以外のところに原因があるケースもあります。冷静さを失わないように様子をみましょう。

本庄:いろいろな可能性を検討した結果、やはり自分による教育虐待が原因だったようだ、という場合、親はどうしたらいいのでしょうか。

写真はイメージ
写真はイメージ

【→このページの一番下をクリックして次ページへ】

【好評発売中!】
『中学受験させる親必読!
「勉強しなさい!」エスカレートすれば教育虐待』

(日経DUAL編、1430円、日経BP刊)

 子どもの幸せを願わない親はいません。「ちゃんと勉強しなさい!」「宿題やったの? 」など、時に語気を強めてしまうことがあるとしても、それは本来、わが子にしっかりとした学力をつけさせ、生きていく上での選択肢を広げてあげるためのはずです。

 ですが、度を越した態度で子どもに勉強を強制したり、子ども自身の意志を無視して、わが子の学力に見合わないほど偏差値の高い学校に進学するよう強要したりと、親の行動がエスカレートしてしまうと、子どもの自己肯定感は大きく下がります。そして、生涯にわたって暗い影を落とすほどの弊害を招いてしまう可能性があることが知られるようになってきました。(中略)

 子どもの年齢に関係なく、すべてのお父さん、お母さんに知ってほしい、教育虐待のリスクや予防策、子どもへの適切な関わり方などをまとめたのが本書です。(はじめにより)

【主な内容】

第1章 中学受験 親の関わり方次第で子の将来にマイナスになることも
・中学受験 親が知っておくべきメリット・デメリット
・家庭の関わり方次第で中学受験そのものが「よい学び」になる【中学受験の4つのメリット】
・「何でも親のせいにする子」になる危険性も【中学受験の4つのデメリット】

第2章 教育虐待を理解する
・不登校や引きこもりより心配なのは、ひたすら我慢し続ける子ども
・100年時代を生き抜く強さが身に付かないという弊害も
・読者向けアンケート「ぼく、じゆうな日が一日もないね…」
・「教育熱心」と「教育虐待」線引きはどこに?

第3章 教育虐待を防ぐために親が心掛けるべきこと
・子の幸せ見極め教育虐待を防ぐNGワード&考え方
・13のチェック項目で、教育虐待かどうかを見極める チェックリスト
・家庭を子どもにとって「安心な居場所」にするための6つのポイント

第4章 被害者が加害者になる負の連鎖を断ち切る
・約30%が「教育虐待を受けた認識あり」。連鎖を危惧する声も
・教育虐待の影響は世代を超えて波及し続ける
・学歴志向が強い日本のシステムに根本の原因がある?

第5章 当事者が語る「こうして教育虐待から抜け出しました」
・「かつては教育虐待していたかもしれない」と語る3人のママたちの体験談を紹介

第6章 中学受験のプロが伝えたいこと
(プロ家庭教師 西村則康さん)
・中学受験は子どもの成熟度が影響する
・中学受験はお母さんが笑顔なら、たいていはうまくいく

第7章 小児科医と心療内科医が伝えたいこと
(慶應義塾大学医学部小児科教授・小児科医 高橋孝雄さん)
・基本的な能力は遺伝子が担保。親は安心して
・成長して引きこもるケースも。意思決定力が「やりたい」アンテナ育てる

(「本郷赤門前クリニック」院長・心療内科医 吉田たかよしさん)
・増加する受験うつ その芽が出るきっかけとなるのが中学受験
・中学受験直後の心はどう受け止める? 
・難関校に合格した子ほどハイリスク。過信せず、努力し続けることが大事

(名古屋大学医学部附属病院准教授・心療内科医 岡田俊さん)
・夫婦関係や親のメンタル不調が子どものストレス源に
・中学受験 親自身が不調になることも

【Column】子どもの心のSOS発信マンガ 愛しているのにまさか私が教育虐待?

日経BPショップでの購入はこちらから

AMAZONでの購入はこちらから