各学年、何をすればいいかを親は事前に知っておく

越南:各学年で勉強のやり方が違うということですね。本の中では、各学年の勉強の進め方が詳しく紹介されていました。やはり、それを事前に知っているかどうかの差は大きいのでしょうか?

西村先生:大きいと思いますね。先に知っていれば、今はこれをしっかりやっておけばいいと、「やるべきこと」が明確になりますので、必要以上に勉強をやらせすぎることもないし、何より親御さんに心の余裕ができます

H:そうなんですよね。上の子の受験のときは、初めてのこともあって、分からないことだらけでした。もし、あのときにこのロードマップを知っていれば、もっと優しいお母さんでいられたかも。

越南:うちの子はもう大学生です。大学受験のときは、自分で行きたい大学を見つけて、自分から進んで受験勉強をしていたので、子どもの自主性に任せることができました。しかし、中学受験は子どもがまだ幼いので、毎日の学習をさせるにもひと苦労なところがありますよね。

西村先生:多くの親御さんは、受験勉強というと、自身の大学受験と重ねて考えてしまうのです。「勉強は自分から進んでやるもの」「成績を伸ばすならたくさん勉強をしなければいけない」といったふうに。でも、それができたのは、大人に近づきつつある高校生だったからなんですよね。ですから、同じように考えてはいけません。

H:小学生だからというのもあるけれど、なかなか自分事として捉えられないんですよね。だから、親が目を光らせておかないとすぐさぼるし、模擬試験の成績が悪くても、のほほ~んとしているし。先日の模試では、問題を全部埋めていなかったので「なんでもっと早く解けないの!」って、怒りそうになりました。