バイオリニストとして、タレントとして、2歳の女の子のお母さんとして、忙しい毎日を送っている松尾依里佳さん。それを支え、応援してくれているのが、夫の両親だそうです。松尾さんにとって、二世帯での生活は「いいことだらけ」。最終回は、そんな「いいことだらけ」の生活について聞きました。

みんなが口々に言う「二世帯での生活って大変でしょう?」

 こんにちは、松尾依里佳です。私は、今はバイオリニストとしての活動は少し減らしていますが、毎日のバイオリンの練習は欠かせないし、タレントとしての仕事は続けているので、子育てと仕事の両立が大変すぎると思うときがあります。

 そんなときに力になってくれるのが、夫のお母さんです。わが家は夫の両親と二世帯で暮らしています。そう言うと、「大変でしょう?」という声が返ってきます。その言葉を聞くたびに「やっぱり普通はそうだよね?」と思いつつも、私は「意外とそうじゃなくて!」と答えるのです。なぜなら、私にとっては「いいことずくめ」だからです。

 私の夫は、男3人兄弟の末っ子。末っ子ということもあり、まさか両親と二世帯住宅で暮らすことになるとは思っていなかったようです。しかし、夫婦共働きで、しかも私は決まった時間に働く仕事ではないため、保育園に預けるのが難しい……。そこへ「何でも力になるわよ!」と頼もしい言葉をくれたのが、義母だったのです。

私の誕生日に夫の両親がサプライズで用意してくれたバイオリンのケーキ。いつも温かく接してくれて、ありがたく感じています
私の誕生日に夫の両親がサプライズで用意してくれたバイオリンのケーキ。いつも温かく接してくれて、ありがたく感じています

次ページから読める内容

  • 1本の箸をどうする? 子のタイプを見極めて伸ばす義母
  • 母親がニコニコしていれば、子どもは安心する

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る