こんにちは、理科教育家の辻義夫です。

 今回は「入試直前 楽しみながら点数アップ!シリーズ」というテーマ通り、入試の得点に直結しそうな暗記分野に関してお伝えします。

 学習したはずなのに覚えては忘れ、覚えては忘れを繰り返しているお子さんも多いと思いますので、入試までに覚えておくと得するかも、という事柄に絞って取り上げてみます。

カブトムシの「胸」はどこからどこまで?

 カブトムシは子どもたちに大人気の昆虫です。

 カブトムシが昆虫であることは学校の教科書にも載っています。昆虫には胸に6本の足と4枚の羽があります(2枚のものや羽がない昆虫もいますが)。

 では、カブトムシの「胸」はどこからどこまでしょうか?

図/辻さん
図/辻さん

 上のイラストのように考えてしまうお子さんもいるのですが、それでは「昆虫には胸に6本の足と4枚の羽がある」ことを考えても変ですね。Bが胸でCが腹だと、腹の部分からも足が生えているように見えます。

 正しいカブトムシの胸を知るには、この昆虫を「裏返す」必要があります。

 足のついている位置から考えて、思ったより胸の部分が大きいことが分かります。

 実は昆虫の胸は「前胸・中胸・後胸」に分かれていて、それぞれに2本ずつ足がついているんですね。

 このことを踏まえて、次の問題を考えてみてください。

【早稲田中2017年理科】

 カブトムシを裏側から観察したときの、「胸(斜線)の部分」「足の位置」を正しく示した図としてもっともふさわしいものを選び、記号で答えなさい。

図/辻さん
図/辻さん

次ページから読める内容

  • 基本知識を持っていれば解ける
  • 子どもが植物の暗記が苦手になる理由は
  • 知識をつなぎ合わせるために整理をする
  • 一問一答的な暗記は覚えにくく忘れやすい

続きは、日経DUAL有料会員の方がご覧いただけます

有料会員限定記事(2129本)が読める
ログインはこちら
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。
もっと見る