今回から、『宇宙兄弟』などを手掛けた編集者の佐渡島庸平さんから、東大受験漫画『ドラゴン桜』で受験指導をするキャラクターの桜木建二さんにバトンタッチをします。そもそも何のために大学受験をするのか、親はどのようにサポートをすればいいのかなどを、数々の斬新な教育方法を打ち出し、実践してきた桜木さんが語ります。

受験は一人でストレスに立ち向かう練習

―――最近の中学受験を考える親の間では、将来の大学受験を避けるために大学付属の中学校が人気だそうです。一方で、あえて中学受験をせず、公立中学から高校受験を選択する家庭もあります。桜木建二さんは『ドラゴン桜』では「高校受験と大学受験はすべきだ」と主張していますね。

桜木建二(以下、桜木):人が成長していくためには、定期的なストレスがあったほうがいい。ストレスが全くない生活をしていると人間は成長しない。一人でストレスに立ち向かうといういい経験になるのが受験だ。しかし、過度なストレスもよくない。例えば、1000万円を中学や高校時代に稼がなければならない、といった状況は中高生にとってストレス負荷が大き過ぎる。受験勉強くらいの負荷がちょうどいいわけだ。

 受験勉強では、中学受験までは親の伴走が必要だ。何をどのように勉強するかの計画は中学受験までの段階では子ども自身ではまだ立てられないだろう。一方で、高校受験、大学受験となると、もう親が無理やりにさせることはできない。だから高校受験と大学受験は子ども自身が自分で向き合わないといけないことになる高校・大学受験は若者にとってちょうどいいストレス=負荷なのだ。

―――スポーツでトップクラスを目指すというのもちょうどいいストレスになりませんか?

『ドラゴン桜』の主人公、桜木建二 (C)三田紀房/コルク
『ドラゴン桜』の主人公、桜木建二 (C)三田紀房/コルク

次ページから読める内容

  • 勉強もスポーツの「努力の型」を学ぶのに有効
  • 東大は凡人にでも得られる社会的信頼のチケット
  • 受験が成功しても人生がうまくいくわけではない

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。