米国企業、日本のシンクタンク、フランスにある国連機関などに勤めた異色の経歴を経て、ノンフィクション作家として活躍する川内有緒(ありお)さん。バリキャリ派に見えて、「直感だけを頼りに次に進むべき方角を決めてきた」と話す川内さんは現在、保育園児の母親でもあります。親になっても「守りに入る」という言葉とは無縁な生き方を貫く川内さんが「働くこと」について考える連載エッセー。2回目は「フリーランスとおカネ」について。

せっかく見つけたホワイトな職場を退職、それから?

 前回はアメリカ、日本、フランスと職場を転々と渡り歩き、ようやくスーパーホワイトな職場、パリの国連機関に巡り合ったことを書いた。しかし、もっと自分らしい生き方を模索したいというめちゃくちゃ青臭い理由で、退職を決意。38歳で日本に帰国し、ものを書く日々がはじまった。

 えー、せっかく見つけたホワイトな職場やめちゃってどうすんだ?
 なんか食いぶちのあてはあったのか?

(ええ、皆さんの声がパソコン画面越しに聞こえてきましたよ)

 というわけで、今回はフリーランスという海への飛び込み方、そしてフリーランスのおカネ事情(川内有緒の場合)について書こうと思う。

 まず、答えから言うと、独立当時の私にはなんの見通しもなかった。あるのは、ぼう洋と広がる時間の海だけだ。

 ちなみにこの頃、夫のI君も似たような状況にあった。彼はもともとスペインでサッカー・ライターをしていたのだが(私たちはフランスとスペインで遠距離結婚していた)、私の帰国の3カ月後に「俺も日本で再出発する」と帰国。同時にそれまでの仕事を全て失った。だから2010年の夏、川内家は夫婦そろって無収入。しかも私のほうは38歳にして新人ライターに転身というゼロどころか、マイナス感しかないスタートだ。

何度も転職を繰り返して感覚がまひ?

 そんなんで不安じゃなかったのか?
(またパソコン画面から声が聞こえました)

 うーん、不安がまるでなかったといったら嘘になるのだが、「まあ、なんとかなるだろう!」という根拠のない自信があったのも本当だ。それまでにも何度も転職を繰り返して感覚がまひしていたのかもしれないし、波乱万丈(はらんばんじょう)に生きた父親の影響もあるだろう。

次ページから読める内容

  • 人が恐れてしまうものとは?
  • 健康や心の安定は以前と比べると倍増
  • 弱点を克服するのは早々に諦め、軌道修正
  • 3年くらいのスパンで見ると、収入は意外と安定

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。