ひょんなことから、苦手な岩田母と2人でPTA役員をやることになり、岩田の予想外のフレンドリーな姿勢にとまどいを隠せない美紀。一方、人事から営業に異動したばかりの夫の和也は、男性の子育てにまるで理解のない上司の心ない言動に傷付き、美紀に苦しい胸の内を吐露。平穏な共働き家庭だったはずの野櫻家に前途多難な予感が…。

【これまでのお話】
第1話 『野櫻家の選択』連載小説スタート!
第2話 あの時転職を決断した自分を褒めてやりたい
第3話 保育園の卒園式の朝、着物持参で義母が…
第4話 苦手な岩田と卒園後も付き合い続くと思うと…
第5話 連載小説/入学式直前の美紀に部下からトラブル報告

『野櫻家の選択』 主な登場人物

◆野櫻美紀(のざくら みき) 三十六歳 /大手人材会社の営業企画部に所属。夫とは学生時代のゼミで知り合った。明るく前向き、大雑把。マイペース
◆野櫻和也(のざくら かずや) 三十七歳/大手住宅メーカーの人事部に在籍。おおらかで人当りが良さそうに見えて、実は神経質で小心
◆野櫻勇斗 (のざくら はやと) 六歳/保育園年長クラス。早生まれで小柄。性格は父親に似ておだやかで争いごとは嫌い

「それで、結局学級委員を引き受けたの?」

 カップ麺を食べる手を止めて、和也が聞き返した。今年は役員はやらない、と美紀自身が言ってたからだ。入学式の後、和也に早く帰るように美紀が勧めたのも、男の保護者がいると役員を押しつけられやすい、という噂を耳にしていたからでもある。

「まあ、ね。あの沈黙が耐え難くて。噂には聞いていたけど、あんな状態続けるくらいなら、役員引き受けた方がましだと思ったの」

 しんどかったのは沈黙だけではない。着物が苦しかったからでもあるが、着付けをしてくれたのが和也の母静子なので、そこには触れないでいる。

 今日は歓迎会で夕食はいらない、という話だったので、和也の分の食事はなかった。両親や勇斗と一緒に、駅前の寿司屋に行ったのだ。結局歓迎会はなかったという言う和也に、何か作ろうか、と美紀は提案した。でも、食欲がないからカップ麺でいい、と和也は言ったのだ。ジャンクなものが食べたい気分なのだそうだ。

「でもまあ、岩田さんとふたりでやるから、仕事も少しはましだと思うけど」

 沈黙の行に耐えられなかったのは美紀だけではなかった。岩田大樹の母も同様だったようだ。ふたり同時に手を挙げ、どうしたらいいかとお互い顔を見合わせていたところ、司会の役員が、

「せっかく立候補してくださったのですから、おふたりに委員をやっていただいたらどうでしょう。ふたりともお仕事を持っていらっしゃるし、その方が何かと助かるんじゃないかしら」

 と、発言した。すると、それまで気配を消していた保護者たちが、一斉に賛同の拍手をした。彼女たちからすれば、自分に降りかかって来なければ、誰でもいいのだ。ひとりだろうと、ふたりだろうと。

次ページから読める内容

  • 岩田の予想外の言動にとまどう美紀
  • そんな嘘を吐いてまで部下に有休を取らせたくないのか
  • 家族はチームだもん。困った時はお互いさまだよ

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。