大手人材会社の営業企画部に所属している野櫻美紀。「仕事は大事、だけど家庭はもっと大事」をモットーとし、夫の和也、一人息子の勇斗とともに明るく穏やかな家庭を築いている。

夫婦ともに仕事も順調、家庭も順調、将来については何の不安もない――と思われていた野櫻家において、勇斗が小学校に入学する前後のタイミングで次々に試練が訪れ、家族の生活は思わぬ方向へ舵を切ることに。

その時、「チーム野櫻家」が下した決断とは――。

【これまでのお話】
第1話 碧野圭『野櫻家の選択』連載小説スタート!
第2話 碧野圭 あの時転職を決断した自分を褒めてやりたい
第3話 碧野圭 保育園の卒園式の朝、着物持参で義母が…

『野櫻家の選択』 主な登場人物

◆野櫻美紀(のざくら みき) 三十六歳 /大手人材会社の営業企画部に所属。夫とは学生時代のゼミで知り合った。明るく前向き、大雑把。マイペース
◆野櫻和也(のざくら かずや) 三十七歳/大手住宅メーカーの人事部に在籍。おおらかで人当りが良さそうに見えて、実は神経質で小心
◆野櫻勇斗 (のざくら はやと) 六歳/保育園年長クラス。早生まれで小柄。性格は父親に似ておだやかで争いごとは嫌い

癒しの特製ロイヤルミルクティー

 疲れた、と美紀は思う。

 二人掛けのソファに横になり、はみ出た足を肘置きの上に載せて、ぐったりしている。勇斗にはとても見せられないだらしなさだが、幸いもうベッドで眠っている。

「ほら、これ飲むと、ちょっと落ち着くよ」

 和也がミルクティーを運んでくる。少量のお湯で濃い紅茶をいれ、それに大量のミルクをまぜて作った特製のロイヤルミルクティーである。仕上げにシナモンを振っている。胃腸が丈夫でない和也は、コーヒーよりも紅茶を好んだ。

「ありがと」

 ソファから起き上がると、美紀は紅茶の入ったマグカップを取った。

「ああ、おいしい。和也のミルクティーは最高ね」

「今日のは茶葉がいいからね。美紀のおかあさんがくださったフォションの紅茶を使っているんだよ」

 ああ、そういえば昨日母がお土産替わりに持って来てくれたんだっけ。きっとどこかからのもらい物に違いない。うちの母はフォションの紅茶をわざわざ買うような人じゃないし、と美紀は思ったが、それは口にせず、

「いくら葉がよくても、いれ方がよくなければダメよ。和也の腕がいいからだわ」

 お互い、褒めるところは褒めよう。結婚当初に決めたことだ。ささいな口論や不機嫌を重ねて、快適な暮らしに必要なことは何かと考え、ふたりで出した結論である。

 不機嫌やいら立ちは、意図しなくても自然に表に出てくるし、相手にも伝わる。だけど、相手に対する感謝や尊敬はなかなか伝わらない。だから、それを積極的に口に出そう、と決めたのだ。褒められて嫌な気持ちになる人はいないから。

「ありがとう」

 和也も素直に美紀の言葉を受け止める。

 ミルクティーにはほんの少し蜂蜜を入れているので、ほっとするような、やさしい甘さになっている。和也の人柄そのもののようだ、と美紀は思う。

「結局、謝恩会には間に合ったんだよね?」

「うん、まあ、ぎりぎり」

 勇斗の卒園式当日、朝から着物を着る着ないでもめ、結局両親と和也の母に押し切られるかたちで着物を着ることになった。おかげで着替えに手間取り、その後会社に着いたのは打ち合わせの五分前。遅刻ではないものの、既に相手のクライアントは到着していたので、冷や汗をかいた。それだけでなく、昼食も食べずに駆けつけたので、打ち合わせの途中におなかが鳴って、恥ずかしい思いをした。みんな気づかないふりをしてくれたけど、きっと聞こえていたに違いない。

次ページから読める内容

  • 謝恩会の集合時刻に15分遅刻、贈呈予定の花束も忘れ…
  • 学童の保護者会も仕切られそうだし、それを思うと憂鬱…
  • 「俺は入学式も卒業式も女房任せだ」って自慢気に言うんだよ…

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。