大手人材会社の営業企画部に所属している野櫻美紀。「仕事は大事、だけど家庭はもっと大事」をモットーとし、夫の和也、一人息子の勇斗とともに明るく穏やかな家庭を築いている。

夫婦ともに仕事も順調、家庭も順調、将来については何の不安もない――と思われていた野櫻家において、勇斗が小学校に入学する前後のタイミングで次々に試練が訪れ、家族の生活は思わぬ方向へ舵を切ることに。

その時、「チーム野櫻家」が下した決断とは――。

『野櫻家の選択』 今回の主な登場人物

◆野櫻美紀(のざくら みき) 36歳 /大手人材会社の営業企画部に所属。夫とは学生時代のゼミで知り合った。明るく前向き、大雑把。マイペース
◆野櫻和也(のざくら かずや) 37歳/大手住宅メーカーの人事部に在籍。おおらかで人当りが良さそうに見えて、実は神経質で小心
◆野櫻勇斗 (のざくら はやと) 6歳/保育園年長クラス。早生まれで小柄。性格は父親に似ておだやかで争いごとは嫌い

 受付を通り過ぎると、広い打ち合わせスペースがある。美紀は足を止めて、そこを眺める。真ん中には、人が五、六人入れるような大きな丸いテントが見える。完全に閉じられているのではなく、半分オープンになっていて、中の様子が見える。そこに丸テーブルが置かれていて、早朝のこの時間から既に打ち合わせをしている人がいる。人気スポットなのだ。他にも打ち合わせ用のカラフルな丸テーブルがいくつもある。独りでぼーっとできるハンモックもあるし、かまどに見せかけたような、石を積んだオブジェもある。さらに、本物の観葉植物の鉢があちこちに置かれている。

 そう、ここはキャンプ場をイメージした打ち合わせスペースなのだ。自然の中でリラックスするように、こころを開いて打ち合わせできるように、というのがコンセプトである。来客にも社員にも、遊び心あふれるこの飾り付けは評判がいい。

 ここを通るたびに、美紀は誇らしい気持ちで胸がいっぱいになる。今年の飾り付けは美紀自身の発案なのだ。ロビーの飾り付けは年に一度変わる。テーマを社員から募集し、社員投票で決定するのだ。応募は強制ではないが、毎年かなりの数が集まる。採用されると五十万円分の旅行券、採用されなくても最終ノミネート五本の中に入れば、十万円の商品券がもらえるからだ。美紀も景品目当てで応募、趣味のキャンプをテーマに、という安易な発想だったので、三十分で企画書を書き上げた。だが、思いがけず社員投票で最多の得票率を獲得して、採用が決まった。おかげで社長からお褒めの言葉をもらえたし、夫と息子だけでなく、自分の両親まで連れてグアムに行くこともできた。

 しかし、うれしいのはそれだけではない。自分のアイデアが形になり、毎日それを見られること。そして、ここを使っている人たちが楽しそうにしていること。それを目にすると、豊かな気持ちがこころを満たしていく。

 この会社に入れてほんとうによかったな、と美紀は思う。こんなふうに、ロビーのリニューアルなんて事務的なこともイベントにしてしまう、会社の遊びごころが好きだ。思い切って転職してよかった、とこころから思う。

次ページから読める内容

  • 食品メーカーを三年で辞めて、人材派遣会社に転職するも…
  • 「わが家にとって、この四月は変化の時。なんとかうまく乗り切らなくちゃ」
  • 卒園式前日、「明日の打ち合わせに同席してほしい」と言われ…

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。