和也の協力で、マネジャーとして指揮を執ったイベントは大成功に終わった。ところが、翌日上司に呼ばれた美紀は、自分にあらぬ疑いがかけられていることを知り、愕然とする。

【これまでのお話】
第1話 『野櫻家の選択』連載小説スタート!
第2話 あの時転職を決断した自分を褒めてやりたい
第3話 保育園の卒園式の朝、着物持参で義母が…
第4話 苦手な岩田と卒園後も付き合い続くと思うと…
第5話 入学式直前の美紀に部下からトラブル報告
第6話 それって職場いじめなんじゃない!
第7話 あの2人を組ませるのfはまずいのでは?
第8話 共働きの危機? 夫と子から同時重大報告
第9話 上司に部署で罵倒され、退職・起業を決意
第10話 和也の専業主夫モードで夫婦関係ゆがみ始めた
第11話 夫のための起業本探す姿を部下に見られた
第12話 学童の親子キャンプへの参加は大正解だった
第13話 起業セミナーで自覚「俺のビジネスプランはだめだ」
第14話 企画をまとめた私が、ただの添え物ですか
第15話 管理職ママの美紀に吹き始めた逆風
第16話 俺、面接突破した これでスタート切れる!

『野櫻家の選択』 主な登場人物

◆野櫻美紀(のざくら みき) 三十六歳/大手人材会社の営業企画部に所属。夫とは学生時代のゼミで知り合った。明るく前向き、大雑把。マイペース
◆野櫻和也(のざくら かずや) 三十七歳/大手住宅メーカーの人事部に在籍。おおらかで人当りが良さそうに見えて、実は神経質で小心
◆野櫻勇斗 (のざくら はやと) 六歳/保育園年長クラス。早生まれで小柄。性格は父親に似ておだやかで争いごとは嫌い

仕事で窮地に陥った美紀に和也が救いの手

 美紀と御前崎は謝罪に走り回った。二軒はなんとか機嫌を直し、予定通り納品してくれることになったが、一軒には断られた。創立二〇周年記念の特別セール期間中だと言われてしまえば、それ以上無理を通すわけにはいかなかった。それで、急きょ新しい店を探すことになったのだが、なかなか引き受け手がみつからない。

「どこかいいスイーツの店を知らない?」

 美紀は和也に尋ねる。お酒が苦手な和也は、むしろスイーツを好む。美紀よりもスイーツの店には詳しいくらいだった。

「そうだねえ。スイーツというか、デザートで有名なフレンチの店なら、つい最近知り合ったけど」

「どこの店?」

「吉祥寺の『コンテ・ブル』ってとこ」

「予約の取れない店で有名なところだよね。確かに、あの店のスイーツはレベルが高いし、そこなら参加者も喜ぶと思うけど。いきなり話を持って行って、受けてくれるかな」

「一昨日の異業種交流会で、店長の有田さんと知り合いになったんだ。音楽の趣味が合って、意気投合したんだよ。話をするだけならタダだし、聞くだけ聞いてみようか?」

「そうね。お願いできるかな」

「わかった。今日はもう遅いから、明日電話するよ」

 その翌日、和也が電話を掛けると、『コンテ・ブル』の有田はあっさり承諾してくれた。オーナーシェフなので、有田がOKすれば問題はない。さっそく美紀が御前崎を連れて挨拶に行き、詳細を説明した。そうして『スイーツ大作戦』の七番目の店が決定した。

 その翌日には企画に参加する店のラインアップを発表し、参加者の募集開始。予想していたよりも多くの希望者が集まり、参加を断らなければならない人も出たほどだ。滑り出しは上々だ。

 そうして二週間後にいよいよ本番。社内のイベントスペースの一画を七つに仕切り、それぞれのお店のスイーツを五十個ずつ置く。併せてそこに店の紹介パネルも飾る。参加者は五十人。ひとり七個は食べられる計算になる。女性なのでそんなにたくさん食べる人は多くはないだろうと思われたが、「足りないより余るくらいがいいだろう」という判断である。余ったら社内の各部署に配ることになっているので、他部署のスタッフも楽しみにしていた。

次ページから読める内容

  • 自信家の御前崎が感謝の言葉を口に
  • なぜ夫の起業のことを知っている?
  • あれはもう私を外すことを決めている感じだった
  • 美紀のポジションを狙っているのかもしれない

続きは、日経DUAL登録会員の方がご覧いただけます

会員限定記事(2596本)が読める
ログインはこちら
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。
もっと見る