長女が2歳のときに大学院入学を決断し、MBA(経営学修士)を取得。「税理士」と「ママ」の二足のわらじで歩みを進めている田村麻美さん。子育てとはどう向き合っているのでしょう。連載2回目は保育園年中の長女への思いと、教育面での戦略について語っていただきます。

生きていくための安心材料を手にできる子に

 こんにちは。税理士の田村麻美です。まだ、娘は5歳ですし、あくまでこれからどう育てていきたいか、私の勝手な妄想でしかないのですが、私の子育ての大前提は、「人様に迷惑をかけない」、これに尽きます。そのために必要なのはコミュニケーション能力や最低限の学力を付け、自分の力で食べていける人になること。

 娘が将来、仮に結婚したとしても生涯安泰とは限りません。彼女の夫の仕事がうまくいかなくなることも考えられます。

 私が税理士の資格を取得した理由の一つは、結婚相手に万が一のことがあったときの経済的なリスクに備えるためでした。夫に何かあって働けなくなったとしても、自分に職があれば対応できます。子どもが進みたい道を、経済的な理由で閉ざすようなことも避けられます。

 税理士の資格を取るまでの道のりは思った以上にしんどかったものの、今はそれが私にとって大きな自信と安心材料になりました。不慮の事態にも対応できる力があれば、気持ちに余裕が生まれる。今もそれを実感しています。

 何が安心材料になるかは人それぞれだと思いますが、私が考える一つは英語です。現在の市場もそうですが、特に今の子どもたちが大人になったときに勝負する市場は、日本に限らないと思っています。今以上に、世界へ視野を広げておくべきです。

 娘ももしかすると日本を飛び出して、世界に活躍の場を求めることがあるかもしれない。そう考えると英語は最低限、身に付けておきたいツールでしょう。

 英語ができれば、「日本で働く」ほかに「海外で働く」という選択肢が増えます。マーケティングで言うと、市場が世界全体に広がるのです。どちらを選ぶのかは彼女の自由です。海外を選んでそれがうまくいかなければ、日本に戻って働くのもありだと思っています。

 わが家の場合、海外も視野に入れておいたほうがいいよねという考えは、夫も同じ。英語を身に付け、将来の選択肢を広げておくという思いは、夫婦で意見がそろっています。

イメージカットではありませんよ~。毎年プロに撮ってもらっている、家族写真です
イメージカットではありませんよ~。毎年プロに撮ってもらっている、家族写真です

次ページから読める内容

  • 英会話が苦手な自分は、自ら可能性を狭めていた
  • 1歳から英会話教室に参加。海外の現地校留学が第一目標
  • 娘の選択肢を広げるための投資は惜しみたくない
  • ビジョンに照らし合わせるとわが家の選択は3人家族
  • 追記 英国の名門私立が日本校を開校と聞いて思ったこと

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。