前回に続いて今回も、ブラック上司に遭遇した読者の体験を紹介します。今回登場するのは、自身も中間管理職として部下を持った経験がある2人。過去にブラック上司に翻弄された経験を、自身のマネジメントに役立てたと言います。ブラック上司を反面教師にして、成長に生かした成功例とは?

 「思いついたアイデアを気の向くままに口にし、その時々で意見がコロコロ変わる。会議のたびに『ちゃぶ台返し』が起こるので、対応に追われて現場が混乱し、部下からは不満の声が……。板挟みになるのが苦しかったですね」

 社員数十人の通信販売会社で、販売促進のマネジャー職(課長)に就く長谷川ユキさん(仮名・36歳)を悩ませていたブラック上司は、部署を総括する女性部長。会社の成長に大きく貢献してきた創業メンバーでもあるため、社内には、「彼女の意見は絶対」という雰囲気があったという。

女性のブラック上司に振り回されるケースも。画像はイメージ

 「言い方はマイルドだし、いったんはこちらの意見に耳を傾けるポーズも取ってくれます。しかし、予想される問題点を指摘しても、『やってみないと分からないよね?』と、最終的に押し通されてしまう。アイデアは積極的に提案するけれど、あとはノープランという感覚的なタイプで、どんな戦略でやっていくのかという説明は曖昧なまま、決定事項として進んでしまうんです。最初は、事あるごとに意見を伝えていたけれど、だんだん『どうせ言っても無駄だろうな』と、反論するのに疲れてしまいました」

 平社員のころは、たびたび現場の方針が覆るのは「部長が優柔不断だから」だと思っていたが、中間管理職の立場になって、「ちゃぶ台返し」の張本人が判明した。

次ページから読める内容

  • 部下に質問されても答えられず苦しむ
  • 丁寧な説明で信頼回復
  • 天才肌で、周りの意見に耳を貸さない上司
  • 部下の能力不足ではなく、上司の伝え方の問題
  • 業務量を数値化し、生産性を向上

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る