こんにちは、ナナイロペリカンです。小学生の姉妹を育てる私が育児を振り返って当時の悩みや葛藤、幸せをマンガとショートエッセーで描いていくこの連載。第3回のテーマは「二人目はラク!」神話です。わが家の次女キミ子の場合も最初はラクだったのですが、その後の山あり谷ありを通して、子育てで大切なことに気づかされました。一人目、二人目(三人目以降も!)に関係なく、子どもへの接し方に悩んでいる方の参考になればうれしいです。

大変さを覚悟して産んだ二人目。ところが最初は「育てやすい!」

 久しぶりの新生児はかわいかった。新生児の時期を過ぎたらこの熱も冷めるかなと思ったけど、1歳を過ぎても、歩き出しても、2歳のイヤイヤ期もかわいいだけで驚いた。「気分は孫」のまま! 3歳になるとさすがに行動の激しさも出て振り回されるが、それさえ懐かしさを感じたほど。長女のときのほうが大変に感じていたので、「やっぱり二人目の育児って(精神的に)楽! 都市伝説は本当だった」なんて思っていた。

次ページから読める内容

  • 二人目は余裕を感じながら子育てをしていくのだろうと思っていた
  • 子どもの世話と母の介護、ダブルケアとなり、次女は…
  • 相談して知ることができた保育園での姿
  • 次女をちゃんと見ていなかった、私が子どもに甘えていた
  • 後日談:幼児期に読み書きを教えることについて

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る