こんにちは、ナナイロペリカンです。小学生の姉妹を育てる私が育児を振り返って当時の悩みや葛藤、幸せをマンガとショートエッセーで描いていくこの連載。第2回のテーマは一時保育です。保活中の方や、在宅ワークの方の参考になればうれしいです。

保育園に落選。長女1歳の頃、一時保育を利用

 イラストの仕事が少しずつ増えてきて保育園に預けたいな……と思い始めたフリーランス1年目の2011年頃。4月入園の認可園はポイント不足で入れず、通える範囲の認可外園にも入れませんでした。

 当時長女は1歳でどんどん目が離せなくなっており、長女が寝ている間に仕事をするも追いつかず、忙しいときは一時保育を利用していた時代の話です。

 新型コロナウイルスの影響でテレワークを経験した方も増えたので、共感してくれたらと思い、在宅ワーク事情を描きました(保育園事情は当時の内容です)。

(※)厚生労働省「地域児童福祉事業等調査 平成27年地域児童福祉事業等調査結果の概況」より

申し込み、支払い、書類記入、大荷物。一時保育ならではの手間が大変

 一時保育の準備ってルーティン外の仕事なので、当時はなかなか大変だったなと記憶に残っています。

 私が利用していた園は、まず申し込みが先着順で直接来園しなくてはいけないという、赤ちゃん連れには負担の大きいシステムでした。

 申し込みは済んでも、期限までにお金を払いに行く必要もあり(おつりなしの現金持参)、足りなくてお金を下ろしにATMに走ったり、忙しくて払い忘れてキャンセル扱いになったりしたことも……

 私の住んでいた自治体では、一時保育の利用は1カ月に1園4日間以内と決められていたのですが、それでは足りない月もありました。その際は、別の園も利用して、1カ月に8日間利用したこともあり、園ごとに準備やルールが異なるので、もう何が何だか分からないくらいバタバタでした。

次ページから読める内容

  • 「時間=お金」というプレッシャー
  • 両立は大変だけど仕事を通して社会とつながることは安心感がある
  • 【後日談】翌年、認可保育園に入園できました。

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る