役員の「やりがい」とは

―― 次に、石渡さんに本音でご回答いただきます。実際、役員という仕事はズバリ楽しいのでしょうか?

石渡 はい、大きなやりがいを感じます。

―― どのようなときにやりがいを感じますか?

石渡 マネジャーになったときも、部長になったときも、センター長や執行役員という役割になったときもその都度感じたのですが、入ってくる情報や見える景色が変わります。最初はドキドキして「やっていけるのだろうか」と不安に思うのですが、やってみると意外にやりがいが生まれてくるんです。「あ、こんなことも、あんなこともできそうだな」と、できることの範囲が広がってくるといえばよいのでしょうか。

―― 視座が広がるのかもしれませんね。日経xwomanの取材でキャリアコーチの方から、「『女性は世の中の役に立ちたい』『貢献したい』といったきれいなことを言いがちで、企業で勤め続けるうちにくじけてしまうケースがある」と聞いたことがあります。今の石渡さんのお話を聞くと、役員になったからこそ世の中に貢献できると感じる機会も増えそうです。

石渡 私は役員になってから、企業理念のことをよく考えるようになりました。花王は何を目指して、何のために存在しているのか。これが自分が目指していることや自分が実現したい価値観と合致していると、大きなやりがいにつながります。花王は生活用品メーカーであり、生活者の生活に寄り添う企業であるというのは、自分の価値観と合致します。相性もあると思うのですが、そうしたやりがいを役員になってから強く感じるようになりました。

男性社員の意識をどう変えるか

―― 今日はリアルタイムで視聴者の皆さんとつながっています。現在100以上のご質問・ご意見を頂いています。寄せられた質問をお二人に伺っていきます

 一つ目です。「女性管理職の数が少ない理由を『女性の意識が低いからだ』と言われるのはもうまっぴらです。今後は女性向けに施策を打つよりも、マジョリティ(多くの日本企業の場合は、ベテランの男性社員)の意識改革が必要だと思います。ベテランの男性社員に、女性活躍推進について当事者意識を持ってもらうためにできることは何でしょうか」という質問です。

佐久間 トップが「女性活躍推進の重要性」を常に言い続け、「女性活躍の推進は経営戦略である」ということを浸透させることですね。

―― 石渡さんはいかがですか?

石渡 確かに女性の意識の問題にされるとつらいところがありますよね。でも、自分のチームの女性メンバーに「次にはこうした役職をお願いします」と言ったときに、「私にできるでしょうか」と言われることは多かったです。ですから、女性も、もう少し「やってみよう」という前向きな意識は持ってもいいのかなと思います。

 ただ、私ぐらいの年齢だと、いろいろな制度がなかった時代ですので、そもそも残っている女性社員が少ないです。今育ち盛りの中堅層にはたくさんの女性社員がいますし、これから状況は大きく変化していくはずだと思っています。